御法要お喜び申し上げます

たつの市 圓光寺様

 先日の親鸞聖人御生誕法要並びに御本堂修復落慶法要勤修お喜び申し上げます。
 今までも長きに渡り、ご縁をいただきありがとうございます。
 あいにくの雨模様でしたが、多くのお参りの方もいらっしゃいました。
 今後共、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 近畿寺院課 藤井

CIMG0876

CIMG0875






ミッツマングローブ2

モンキーパンチ作「ルパン三世」に出てくる十三代目、石川のゴエモンさんは「居合抜きの達人。なんでも真っ二つにしてしまう怒らせるとコワ〜い男」とキャラ設定されています。しかし現実の刀で斬れるのは硬すぎても、柔らかすぎてもダメで対象物限定の武器の様です。
むしろ世の中は刀で斬れない物だらけで出来ています。

 

ツーリング先や散歩先で出会ったそんな二つにされたモノ達IMG_1083













丹波の水別れ(みわかれ)にある分水嶺。
分水嶺は各地にありますが、ここは「日本一低い中央分水嶺」との事で簡単にたどり着けます。丹波なので二手に分かれた水は日本海と瀬戸内海へと流れる訳です。訪れた日は何故か日本海側は堰き止められていました。たぶん瀬戸内海側の水不足が深刻なのだ。知らんけど。



IMG_1218


京都市中心部を滔々と東と西の二つに分ける鴨川は京都人にとってかけがえのない大切な川で私もよく歩き回りますが、最も美しいのは荒神橋近辺から鴨川デルタ方面を望む光景だと個人的には思う。他の人の意見は知らんけど。

IMG_1126














剣豪の里として知られる奈良の柳生。国道から少し東に逸れた山中に「一刀石」と呼ばれる7メートルもの巨岩が見事に真っ二つ。柳生新陰流の祖、宗厳(石舟斎)が「天狗と間違えて斬ったんや」との話は勿論のちの世の人が創った伝説でしょう。石舟斎センセイが聞かはったら「ワシそんなにオッチョコチョイちゃうで候」と言うに違いない。間違いない。知らんけど。


タイトル間違えてましたね。

「三つの真っ二つー」でした。
知ってたけど。

工房 広地家ひげの四代目

ブルーインパルスin奈良

奈良基地60周年記念でブルーインパルスが平城宮跡上空を飛行!
一度は撮ってみたかったブルーインパルス!!
飛行機は何度か撮影しましたが、展示飛行は超ビギナーです・・・
機体の大きさは?速さは?コンデジで撮影可能なの?
不安が募ります。

当日は快晴雲ほとんどなし
しかし、太陽の位置が高い・・・
太陽の光が眩しくてモニター確認は厳しい〜(泣)角度的に逆光?
悩んで出した結論は、動画撮りをしながら静止画を撮るでした。
本当に太陽光が眩しいので、モニター見ずに勘だけでシャッターを切ります。

勘だけで撮れてビックリ。ポイントスターローパス☆ 隊形が星の形。
真っ青な空に白いスモークはとても美しい。

281105奈良1


ちょっとわかりにくいですが、サクラ(桜)
大きすぎて全部入りません広角レンズ欲しいです〜。

281105奈良2


初めてにしてはまあ頑張れたかも次回はもう少し腕を磨いて頑張ります!

それにしてもブルーインパルスの速いこと!岐阜〜奈良まで30分掛からないとは。
解説のパイロットさんも、カッコいい感じでした。もちろん展示飛行も!
又、いつか青い空でお会いしましょう。ブルーインパルス

管理本部 松井

絶滅危惧

もうとっくに無くなってしまっていると思ったら
仕事の担当地域や私用でよく通る街道で営業されてました!

味は懐かしいまま!変わりません! 
IMG_20150711_114206

DSC_0119


さあ!どこでしょうか? 
 
本店:平岡
2016年11月25日 17:33|Comments(0)TrackBack(0)本店(本店統括) 

ドライブ旅行

先週末、友人と小倉〜山口観光に行ってきました!

山口でレンタカーを借り、
一日目は小倉・門司港・下関、
二日目は秋芳洞・萩・山口市内といろいろまわってきました。

一日目、お天気は夕方から生憎の雨で、下関で立ち寄った火の山公園では展望台からきれいな夜景が見られるはずが、霧が立ち込めていて何も見えず・・・。
車で山の頂上まで上るのですが、視界が数メートルの、夜の霧の山道を運転するという、ある意味貴重な体験をしてきました(笑。)

写真は二日目に行った秋芳洞の入り口です。
実際はもっときれいだったのですが、スマホのカメラではこれが限界・・・。
161122秋芳洞


天気が悪かったのが残念でしたが、満喫してきました♪
友人とは、次は春の長野に行こうと計画を立てています。

まつえ
2016年11月22日 16:30|Comments(0)TrackBack(0)海外事業部 

親鸞聖人750回大遠忌法要勤修お慶び申し上げます

愛媛県 得法寺様

この度は親鸞聖人750回大遠忌法要勤修お慶び申し上げます。
ご法要に際しましてご本堂、御本尊様のご修復。御荘厳具の
ご新調の折には大変お世話になりました。
晴天のもと、皆様にお喜びいただき感謝感激です。
今後共宜しくお願い申し上げます。

KIMG0049 - コピー


東海・甲信寺院課(前中国・四国寺院課) 大八木

うろおぼえ

 今回のネタは関西在住でない方には、少々わかりにくくなっております。
あしからず御了承ください。
 我が親父殿は日曜大工が趣味なのですが、定年後はなんせ毎日が日曜日な訳で、
そりゃもう毎日トンカントンカンやってます。
で、とある日曜日、私は昼頃まで惰眠をむさぼっとったわけですよ。
親父殿は親父殿で、トンカントンカンやっとるのですよ。
 私は、あ〜もう朝飯つーか昼飯食べる時間や  つーか、親父殿は今日も、
トンカントンカンやっとるなぁ〜。  てな感じでゴロゴロしっとたら、急に回りの音が静かになった。
しばらくすると、吾輩の部屋に親父殿が登場
親父殿が、「我が息子よ。  5−5−1知らぬか?」
私「・・・・ゴーゴーイチ? ・・・・・普通、冷蔵庫じゃねぇ?」
親父殿「あほぬかせ。 あんなもん冷蔵庫に入れるか。だいぶん前に買うたやつがまだ、あったはずや。」
私「だいぶん前って、食えるのかそれ」
親父殿「食える訳ねーだろうが!! お前さっきから、何言ってるんや」
わたし「・・・・・・・ポクポクポクチーン。わかった! 親父殿が言ってる5−5−1は、
蓬莱の豚マンやで。  探してるのは、CRC5−56やろう!惜しいなぁ  末尾一字違いや!」
親父殿「なに、はしゃいどるんや。それどこにあるんや。」
私「・・・二階の物置・・・」    てなことが、ちょっと前にあるました。  ちゃんちゃん。


   京都工場   鈴木


墨田区在住

錦糸町2


錦糸町駅から徒歩8分に引っ越しして、早8年・・・!
当時はスカイツリーもまだ建設前で駅前はアジア系外国人の客引きが怖い町でした。

スカイツリー


前は夜歩くのもビビリましたが、今はスカイツリー効果で老若男女が賑やかに遊べる街になり、私もフラフラと夜の街に繰り出しています。


東京店 椀台
2016年10月28日 14:10|Comments(0)TrackBack(0)東京店 

ハロウィン

いつの頃か10月になると巷はハロウィンで盛り上がってます。

さすがに仮装イベントに参加する勇気はないので、

各社で期間限定で販売するハロウィンのお菓子だけは

買ってみました。

20161026_144057

20161020_115008

20161019_130053


カラフルで気分もウキウキしてきますね


札幌店  かわだ





2016年10月26日 15:07|Comments(2)TrackBack(0)札幌店 

新製品のデザイン仏壇ご紹介

椅子付きドレッサータイプの床置きデザイン仏壇の紹介です。

吹き抜け廻り階段を上がったところに展示しました。

20161025

椅子に腰かけてのおまいりの感じがわかるように、

フロアーに直置きをしてみました。

巾40 高さ126僂肇灰鵐僖トな床置で場所もとりません。

是非おすすめしたいと思います。

来年になりますが、もう一種類ご用意します。

皆さんも一度ご覧ください。               


本店 林

2016年10月25日 10:55|Comments(0)TrackBack(0)本店(本店統括) 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 進

Archives
Profile