10月の末、従弟と一緒に関西旅行をしました。日本にいますと、避けることもできないのは観光案内です。何度も行った場所ばかりでしたが、楽しめるよう新しい発見を探しました。

  奈良に行く途中、中村藤吉宇治本店で美味しい抹茶のパフェを食べようとしました。いつも道理、列が長く、待ち時間は1時間以上でした。待つ間に、平等院へ行きました。
IMG_2764

 ◆ 救世船乗観音

  旅の安全を祈る旅人や家族の方、航海の無事を祈る方、人生を長い旅路として一生涯の無障を願う人々、成人式や様々の人生儀式に際してお参りする方々など、大変信仰を受けていましたようです。

  その後、奈良へ向かいました。

  最後は奈良公園でゆっくり散歩するつもりでしたが、私は歩きすぎで、公園のベンチでお饅頭とお芋を食べながら、散歩に行った従弟を待ちました。そういう訳で、鹿から食べ物を守ろうとしていた私は忙しく、公園の写真は撮り忘れました。

  奈良の夜は観光客が少なく、静かで、秋の丁度良い涼しい空気と、良い感じでした。
IMG_2775

写真


 「2020東京オリンピック」での外国人の道案内を目指して

始めた熟年英会話のジジ・ババ会も、ナント5年目に入りました。

習得度は残念ながら今いちですが、年齢、職種の違う友人が

出来たのは、うれしい事です。

講師から「BUKKET LIST」を書こうと言われ、書き始めましたが

予定の10個がスグ書けました。私は欲張りなのでしょうね?

 先日見た映画「最高の人生の見つけ方」で、余命宣告を受けた

二人が正に「BUKKET LIST」を実行する映画でした。命を全うした

主人公に館内は涙でした。2006年に海外版で放映された映画の

リメイクでした。私の「BUKKET LIST」の一つをご紹介します。

楽しみとぼけ防止の目的で始めた500円玉貯金です。

たまった500円玉貯金を元手に「クルージング」をすることです。

無駄使いを控え?500円玉のお釣りになるように支払をします。

10万円が貯まる貯金で頑張っています。私だけ留守番にならないように

日々奮闘中です。楽しいです。

写真


                                東京店 後藤

 




先日、茨城への出張の途中、首都高から富士山が見えました。IMG_1089











最近は雨続きでなかなか良い天気がない中で良い景色を見ることができました。

冬に向かって空気が澄んでくるともっとはっきりと見えてくるそうです。

東京店・吉田(孝)



堺市で、報恩講におまいりさせていただきました。
BlogPaint
私は入社以来、たくさん勉強させて頂いたお寺様があり、大変立派でうっとりする御内陣なのです。が。
お得意様ですから、大先輩のご注意も多く
「敷居金具を踏むな」「(白檀塗の)障子にもたれるな」
最後には「茶は濃く入れろ」まで。
粗相をしてはいけないという緊張も学びました。



こちらのお寺様ではそういうことがありません。
ご出仕のお寺様方の控え室にご挨拶もやんわりご遠慮し、ただただ“あん”するのです。
祖廟様のような羅網のお荘厳も、お花の打敷もすてきで、座っているとほっとします。
IMG00168
仏具屋勤めとしてではなく、ご門徒さん方と一緒におまいり。
くじ引き(洗剤!)も、おさがり(お菓子!)も
御斎(お赤飯など!)もありがたくうれしくいただきました。
いつも優しく受け入れてくれはるご住職様・坊守様に感謝しています。

工房 やまぐちと



先月22日に鈴鹿市で行われた「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」というイベントを見に行きました。

Screenshot_2019-09-25-19-57-03


こちらのイベントの目玉は、日本のモータースポーツの聖地鈴鹿市の全面協力でなんと鈴鹿サーキットからイオンモール鈴鹿までの一般公道約6.6キロを封鎖してその週末にある「鈴鹿10時間耐久レース」に出場するレーシングカーがパレードするというもの!

Screenshot_2019-09-25-20-01-35


フェラーリ、ランボルギーニ、ベンツ、BMW、ポルシェ、アウディ、ベントレー、マクラーレン・・・

世界中のスーパーカーを世界中の超一流ドライバーが運転して10時間激しく争います。賞金総額はなんと1億円!

Screenshot_2019-09-25-19-53-09


ほんまに普通の一般道をレーシングカーが走ってます・・・

Screenshot_2019-09-25-19-55-53


1メートルの距離で見れます。サーキットの中ではこんなに近くで見れません。しかも無料!

Screenshot_2019-09-25-20-00-33


こちらのマクラーレンはなんと元F1世界チャンピオンの「ミカ・ハッキネン」選手が運転してパレードしていました!

イベントのメイン会場のイオンモール鈴鹿には1万1000人以上のお客さんがパレードを一目見ようと訪れたそうです。

間近で見るレーシングカーの音、匂い、迫力。皆さんにも是非とも機会があれば味わっていただきたいなと思います。

力口エ 中森

「シルクスクリーンプリント」


イベントで、世界で一つだけ?のオリジナルバッグを作りました。

  「ゆっくりゆっくり、力を均一に入れて下さい」

スキージーを動かす速さや力加減が全く分かりません。

   「きれいにできてますよ」

うーん、何か薄いですねぇ。力加減が足りなかったのかな?
BlogPaint

後日、もう一度トライです。

   「2回目ですね!もう慣れてらっしゃるのではないですか?」

そんなわけないです。前回相当凹んだので・・・
今度は、もう少し強めに。ゆっくり穴に落とし込む感じで。

  「どうでしょう?おおっ!すごい。これは売れますよ!(^^)!」

渾身のリベンジ作がこちら。ヤッター!なかなかのモノです(よね?)。


BlogPaint

もしチャンスがあるなら、ぜひ作ってみたいです。



「頭の体操」

郵便局さんに行った時、出されたクイズです。
「?」の部分を答えます。

   M → T → S → → R
   S → M → T → → T → F → S

   ひ ふ み よ い な や こ と  
   ○  ◎  ○  ◎    ○  □  □  □  □


ヒントい呂△襪發里侶舛任后E稿にも事務所にもあります。
興味ある方は、考えてみて下さいね。


     MATSUI

五十鈴川


先日、東京に住む友人のリクエストで、一緒にお伊勢まいりに行ってきました。

京都ほど混雑しておらず、のんびり参拝できました。

うまく言えませんが清々しい空気が流れている気がしました。

 ちなみに赤福餅は、「伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、
餡につけた三筋の形は清流を、白いお餅は川底の小石を表して」いるそうです。(公式HPより)

意味を知って食べるとおいしさもひとしおでした。

本店 でき

子供が保育園でミニひまわりの苗をもらってきました。

足立区のビューティフル・ウインドウズ運動という、「美しいまち」を印象づけることで犯罪を抑止しようという独自の運動の一環で、区内の保育園の子供に植物の苗を配っているそうです。ちなみに近所の家の子供のところは「すいか」でした。

 小さい双葉の出ている苗を家に持って帰って、プランターに植えて、日当たりのよいところに置いておいた2日後、朝プランターを覗くと、双葉がなくなっていました

 子供も私もショックで、その時は「また何か植えようね。」と話をしていたのですが、保育園の先生に事情を話してみると、別の種類のひまわりの苗を分けていただけることになりました。ちなみに後で調べてみると、ダンゴ虫やナメクジが若葉を好んで食べるようで、食べられてしまったようです

 今度はもらった小さい双葉の苗をプランターに植えたあと、食べられないようにベランダで育てました。ひまわり1
私は植物を育てると大体枯らしてしまうことが多いので、かなり気をつけて育てたおかげか、どんどん大きくなり、先日、ついに花が咲きました。ひまわり2

 もうミニひまわりとは言えない大きさになっていますが、種類がわからないので、種をとれるのかどうか分かりません。もしも種がとれたら、また来年は種から育てたいと思いました。


 東京店 亀谷












鎌倉に行ってきました。

台風の時期と重なったので、駅から近いお寺を見に行きました。

北鎌倉の円覚寺です。北鎌倉駅から徒歩一分。

総門をあがると目につくのが、大きな山門です。

DSC_0638

 

 夏目漱石の「門」の舞台にもなっているようです。
全然知らなかったのでこの機会に調べてみると、登場するお寺の雰囲気がどことなく似ていました。


「山門を入ると、左右には大きな杉があって、高く空を遮ぎっているために、路が急に暗くなった。その陰気な空気に触れた時、宗助は世の中と寺の中との区別を急に覚った。」

(夏目漱石『門』より)

 

 
あと印象的だったのが、「鎌倉市鏑木清方記念美術館」です。

こちらは鎌倉駅から十分ほどの所にひっそりあります。

作品数は限られていますが、落ち着いた雰囲気の中、静かに時間が流れており、きれいな日本画を見て、癒されました。

 

台風の時は強風が、台風がされば猛暑が…で、あまり落ち着いて観光できなかったので、改めて、もう一度、行ってみたいです。

東京店 吉田(圭)

  通勤の道すがらの話。ほぼ信号に引っ掛かる交差点でのこと。
ある日その脇に「山」が出現し驚いた。なんの事はない道路に面していた 
ビルが解体され向こう側が見えるようになっただけの話である。
しかし、イメージとしては昨日までは「山」など無かったところに
一夜にして現れたという具合である。考えればビルが解体されるまで、                            ある程度の期間工事用の車両や人員の出入りがあっただろう。                                例え信号待ちの短い時間でもそれを目にしていた筈なのだが 
全く覚えていない。と、言うよりそもそも認識できていなかったわけである。 
 目に見えた物全てが頭の中に入る訳でない。自分が意識したものが 
認識できたという理由である。今回の場合、ビルがあるとか工事をしているなど 
街中では珍しい光景ではない。そんな中に「山」が見えたので突如として 
現れたと思ったわけであろうか。だいたい元々あったビルの形はと聞かれても 
頭を抱える有り様である。注意力が散漫だと言われればそうなのだが、 
集中力等限られたものであり要は何処でそれを使うかと自分としては考える。                      当然ながら日々の業務がその最たるものであり 
それにあたり「山」を出現させないよう意識せねばと自戒する。 

   
                                           工房 永田

                      

↑このページのトップヘ