第2回目の京都検定の結果発表が、今月初めにあり、1級の問題が難しくて合格率が4.5%だったとか、今秋には、ジュニア京都検定が行われるとか、京都に関する事がよくニュースになります。
 京都に住んでいても、ニュース等で紹介されると「こんな事、知らんかったわぁ」という事がよくあります。
本当に、京都の伝統の技や行事などは、奥深いものだと思います。
先日 京都市が「京の匠の技にほれ込んだ人、集まれ」と「京もの」のファンクラブを設立するという新聞記事を見ました。ファンクラブをきっかけに、京都の『本物』の神髄を全国の人に知ってもらいたいのだそうです。連綿と受け継がれてきた伝統の技や行事・・・一旦、途切れると復活させるのはなかなか大変だと聞いています。これからも途切れる事無く続いていって欲しいし、もっともっと理解して大好きになりたいと思います。 
本店お客様係 吉村