先日岐阜県内のお寺様が御門徒様と御一行で弊社工房をご見学くださいました。
工房では、京仏壇、京仏具製作に関わる木工、漆塗り、金箔押し等の作業の様子をご覧いただきました。それぞれの工程が京都の伝統工芸として確立されているものです。
ご見学の御門徒様の中にはご高齢の方もおられ、『岐阜にも昔から京都に負けないし、献上してきた工芸もある。私もその一旦の仕事を永らく続けているけれども、それを組み合わせてと言うとなかなか無いね。こうやって一度に見られるのもよい。』とご感想を下さいました。

岐阜県もいろいろな伝統工芸がありますね。美濃紙工芸、美濃の陶芸 織物、木曽や飛騨地方の木工や漆工芸等、それこそ海外でも認められた工芸も。立派なものばかりです。
我々は我々でこの京都の文化を、そして各々皆さんのご当地でも大切に培われてこられた伝統の数々を、共に守って、あるときは競って、これからも大切に後世に繋げていきたいと存じます。

また全国のご当地自慢の皆さん! この弊社工房へ是非ご来場くださいませ。お待ちしております。

お客様係4課 
平岡秀明