私はJRで通勤していますが、ときどき電車が遅延します。
ホームで電車を待っていると必ず遅延の理由がアナウンスされるので
いつもなんとなく聞いていますが、本当にさまざまな理由があります。
(今日の帰りは<信号機の故障>で大幅に遅延しました。)

<人身事故><濃霧><急病のお客様がおられたため>などの時は
『しょうがないかなぁ…』と思いますが、
<前を走る電車が遅れたため>は
『その、前の電車が遅れた理由は?』と聞きたくなります。
<線路内に人が立ち入ったため、安全確認をしている>というのもときどきありますが、
『急いでるのにいい加減にしてよ』って感じです。

1月下旬のある朝、私はいつものように最寄の西大路駅のホームで電車を待っていました。
私の前には2、3人の人が立っていました。
その日のJRは時間通りに電車が到着し、
いつも通りに電車に乗った…つもりだったのですが…。
実は私、電車に乗れていなかったのです。

右足は電車の中だったのに、左足はホームと電車の間に落ちて、
一人では起きあがれない状態になっていました。
しかし、気がつくとすぐに近くにいたサラリーマンの男性2人が私を引きあげてくれていました。
気が動転していたので、その人たちに
「ありがとうございました!」と言うのがやっとでした。
顔も見ていなかったので、どんな人たちだったのかもわかりませんが、
今思うと、ホントにありがたかったです

結局、足に青アザができただけで大きなケガもなかったのですが、
もし、両足とも電車に乗れずに線路に落ちていたら…と思うとゾッとします。
自分が原因で電車を止めて、
<お客様が線路に落ちたため>
なんてアナウンスをされて、いろんな人たちに迷惑をかけていたとしたら、
シャレにもなりません

どうしてそんなことになってしまったかを自分なりに考えてみましたが、
その日の私は特に睡眠不足だったとか体調が悪かったとかでもなく、
本当にいつも通りの朝でした。
あらためてホームと電車の隙間を見てみると、
意外と広くて20センチくらいありましたが、普通は落ちない幅です。
やはり少しボンヤリしていて緊張感が足りなかったのでしょう。

あの日以来、いつも注意して電車に乗っていますが、
<乗り降りの際、足元にご注意ください>
というアナウンスが毎日流れていたことを知りませんでした。
電車通勤のみなさん。
駅にいる時には少しの緊張感を持っていてください。
『ありえない』ことが突然におこることがありますよ

総務部 山口

西大路駅のホーム