先日、翠簾のご納入で和歌山まで出張に出かけたときの話。

お昼ごはんを食べに和歌山市内のある定食屋に入りました。
自分でおかずをトレーにとっていくスタイルのお店で、おいしそうな料理が並んでいます。
何点か選んだとき、ふと柱の張り紙に目が留まりました。

『当店のうどんは、そばと同じ鍋で茹でています』

・・・こういう店はだいたいどこもこう書いてあるよなぁ。
そばアレルギーの人はうどんも食べられへんってことか。
ん、続きがある。

『そばアレルギーの方には違うお湯にて茹で上げますので、お気軽にお申し付けくださいませ』

おぉ!これは初めて見た!

一歩踏み込んだお客様への心くばり。
ちょっとしたことですが感嘆させられた出来事でした。

お客様係5課 若槻