2月も末になり、だんだんと暖かくなり過ごしやすくなってきました。
それと同時に花粉の危険性も高まってきました。
私も20年ほど前から花粉症に悩まされておりますが、私の場合は、鼻水が止まらなかったり、目がとてもかゆかったりします。あまりにもひどいので、仕事に集中しにくくなります。ほこりにも敏感になってしまいますので、お仏壇やお仏具等の掃除はいつもより入念にしなくては気が済みません。
花粉症は、
^枴(花粉)が体の中に入ってくる
△修琉枴に対する抗体がつくられる
再び異物(花粉)が体の中に入ってきて、抗体にくっつく
げ蹴愴娠が起こり、刺激により鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れる
というようなメカニズムによって起こるそうです。
「花粉」という異物から自分自身の体を防御するための作用(鼻水やくしゃみなど)が強く現れすぎるため、かえって体にマイナスの影響を与えているとも言えます。
その体の防御作用を抑えようと薬を飲むわけですが、たいがいの薬は副作用(眠くなる)がひどいので、飲むときを選ばざるを得ません(車の運転をするときはとても飲めません)。
今年の冬は風邪やインフルエンザが流行していたので、社内でも社外でもマスク姿の人たちをよく見かけましたが、私はこれからの季節にマスクをしなければならないのかなあと思うと、少々憂鬱になってきます。

稲葉
110225花粉症