先日 営業車を運転していますと走行中に突然エンストして
驚かされました。 高速道路や国道ではなく交通量の少ない
わき道での出来ことでしたので事故などにいたることが無かったのは
幸いでした。
 対向車をやりすごしてから道路脇に停車して状況を確認。
「ガソリン 十分にある。」
「バッテリー 今年の1月に新品に替えたところなので問題ないはず。」

しかし・・・・。
エンジンがかかりません。
セルモーターは回っていますがかかりません。

焦ってセルモーターをまわし続けるとバッテリーが
上がってしまうのでそのまま待機することに。

エアコンの止まった車内はどんどん暑くなるので
車外に出てとりあえず日陰で15分待機。

じっと我慢の甲斐あって無事にエンジンも再スタート。

原因不明ながらもその日はやり過ごし
翌日点検してもらうとバッテリーが随分弱っている様子です。

「メンテナンスフリー」の言葉を鵜呑みにしてはいけません。
猛暑 炎暑の影響でしょうか?
生き物同様 車にもいたわりの必要性を感じます。

暑さはまだまだ続きます。(断定!!)
皆様 御身 ご自愛いただきます様お願い申し上げます。

               お客様係3課 大部 正憲