宿願寺様上棟式

私は、岐阜・長野・山梨県を担当させて頂いております、お客様係四課の梅原と申します。

 08/05に山梨県 宿願寺様の上棟式に参加させていただきました。御寺族様、総代様、建築委員会の皆様、御門徒の皆様、建築業者の皆様本当におめでとうございます。

 御本堂の工事も順調に進み御仏具のお納めも近づいていると考えると改めて気持ちが引き締まる思いになりました。御納入までに万全の準備をし事故無くお納めしたいと思います。



120805上棟式 (1)

120805上棟式 (20)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kobori21/51848252
この記事へのコメント
ご苦労様です!
これからも益々たのしみですね!
Posted by hiraoka at 2012年08月16日 11:03
暑い中、お疲れ様でした。
写真はとてもきれいな青空のもと、新しいご本堂が姿を現しつつありますね。
もう暫く暑い日が続きますが、水分と塩分の補給に気をつけながらお互いに頑張りましょう。
Posted by 大八木 at 2012年08月18日 11:25
上棟式は仕事で行けませんでしたが、来春の落慶法要を楽しみにしております。
Posted by 福田 at 2012年10月27日 19:16

 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile