北海道開拓の責任者

明治の初め、北海道開拓事業の責任者として、
北海道へ渡って来られた現如上人の像が、
道路開削に尽力された本願寺道路と呼ばれる
現国道230号線(函館〜札幌を結ぶ)の中山峠頂上付近にあります。

20121015gennyosama


冬には写真の足元まで雪に埋もれ、吹雪に耐えておられます。
車で通りかかるたびに自然と頭が下がります。札幌店 黒田

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kobori21/51863152
この記事へのコメント
曽祖父が思い浮かびます。
機会があれば見てみたいですね。
Posted by 小堀 進 at 2012年10月17日 06:59

 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile