何年か前に、北海道旅行に行きました
その時、どこかの瀧の横にあった売店で買ったこの『幻のオイル 熊の脂』

この『熊の脂』にこの数年、何度助けられた事か。

天ぷらを揚げている途中、油が飛び散って手にべっとり付いた時も、毎年冬の肌あれの季節に指先がパックリ割れてしまってジンジン痛む時も、この『熊の脂』を少量塗って眠れば、翌朝にはすっかり回復!
普通なら水ぶくれになるはずの火傷も傷も、不思議と綺麗に治ってしまうのです

あの時、売店のレジの横に数個置いてあったこの『熊の脂』を何気なく手に取って見ていた私に、売店の方が「北海道に来て、他のものは何も買わなくていいからこの熊の脂だけは買って帰りなさいヨ」と言われて、ついつい買ったこの3〜4冂の瓶のオイルが確か、1700円ほどだった
 
 『多分、これはすごい品に違いない!』と喜んで車中で待つ父親に報告すると、「お前は、すぐそうやってだまされる」と、情けないような半ば呆れた顔で確か2000円をくれたっけ

イエイエ、なかなかこの『熊の脂』凄いです。うっすらラベルに「秘境、知床奥地のヒグマの脂」と書いてある
よく似た商品はあるけれど、なかなかこのオイルが見つからない。

う〜ん、やっぱり 本物(?)って、いいですよねー


本店お客様係 伊藤

130423まぼろしの