先日、西国巡礼十三番札所の石山寺へ行ってきました。

正月夜明け前の初詣客でごった返している時には行ったことが
あるのですが、お昼間に行くのは初めてでした。
130525石山寺
 重要文化財 東大門

石山寺が観光バスでいっぱいになるのは、やはり桜や紅葉の美しい春や秋。行った時間帯もあってか、札所の参拝者数名と家族連れが2組ほど。本堂から列を成して、凍えそうな中じっと待ったお正月のお詣りとは大違いでした。

そこここにあるお堂に手を合わせて、ゆっくり境内を回ったのですが、
ついついお仏具を気にしてしまいます。以前来た時は、まだ入社前でしたので、歴史の説明や御堂の造りばかりをみていたのですが、
今回はお内陣のお飾りの仕方はこんな風にするんだなぁとか、
たくさん吊るしてある灯篭を見て、お客様からご寄進のご相談があったなぁ、と思い出しすっかり1人実地研修のようになってしまいました(笑)

ゆっくり回りすぎたのか閉門時間がせまってきてしまい、
上の方まで行くことは諦めてしまったのですが、最後に立ち寄った無憂園で美しい黄菖蒲を見ることができました。
帰宅してから石山寺のホームページで調べた所、少し前までは紫菖蒲が
見頃だったようで、黄色い中に僅かに残った紫色もとても綺麗でした。
130525無憂園
 無憂園の黄菖蒲

観光シーズンは、人がたくさんいて落ち着いて見て回ることもできませんが、この季節は人の少ない静かなお寺が楽しめます。避暑と実地研修を兼ねて(笑)またこの夏お寺巡りをしてみたいと思います。
130525硅灰石130525御影堂
  天然記念物 硅灰石         御影堂前


本店 加藤