合葬墓+お納骨壇

先日アルミ製お納骨壇(お位牌壇)をお納めさせていただきました。

201508和お納骨壇

201508和お納骨壇2

町から少し離れた地域なのですが、お墓事情が変化してきています。

家族形態の変化が原因でしょうが、これからは従来の墓地+(合葬墓+お納骨壇)が益々増えていくのではないでしょうか。

201508和合葬墓


そう感じたご納入でした。

お客様係5課 明石周三

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kobori21/52008345
この記事へのコメント
お疲れ様です。
私のご訪問地域(北陸)も徐々にではありますが納骨壇が増えてきてますね…

Posted by 梅本 at 2015年08月16日 16:35
お疲れ様です。
初めてお納骨段のご納入でとても勉強になりました。
Posted by 若木 at 2015年08月18日 22:22

 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile