マーマレードをお供え

本店4階におります、やまぐちとです。
社内報【土鍋でご飯】の続き。ご飯以外にこんなんもできます、おみかんマーマレードの回。

おみかんは夏みかん、甘夏の可能性も有り。無料取り放題のため、詳細は不明。
軽く思い立った割には、小ぶりながらも10個のおみかんを用意してしまい、異なるレシピで3回炊きました。
また、調べる内に適したお鍋があるとも判明。アルミなどの金属ではなく、琺瑯や土鍋がよいそうです。
しかしル・クルーゼやバーミキュラ、大昔に流行った琺瑯のお鍋も無い山口家。選択の余地も無く、土鍋に決定。
焦げ付くこともなく、それなりに完成。
おみかん
ジャム

最後に、家で眠っていた瓶に詰めて、終了。
せっかくなので、おばあさんの写真前にしばしお供えしました。畑の脇にできるおみかんがこんなんになり、驚いたはるはず、です。

総合サービス やまぐちと


 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile