お仏壇の電球

普段お電話でお客様からのご注文対応をしています。
毎日いろいろなご注文をいただいていますが、時期により(特にお盆前など)じわじわご注文が増えるのが、「お仏壇の電球」です。お仏壇のお掃除やご準備をしておられる時に電気が点かない!!と、お気づきになるのかなと勝手に推測しています。

ここで困るのは電球がお使いの電気設備に合うかどうかということ。電球を手元に置いてサイズや色などをご説明するのですが、お送りすると電気設備に合わなかったということもあります。小堀でお求めいただいたお仏壇でも、ご納入をした時期や地域、お仏壇の寸法などにそれぞれ合わせて最適な電気設備をご案内しているため、残念ながらどの電球が合うかお電話ごしではわからないことが多いのです。15年、20年以上前のものとなると、残してあるお仏壇の納品書に記載がないことも多く、この電球と特定ができずにはがゆい思いをします。

そして1番よくご案内している「パイロット球 6.3V」が町の電気屋さんでお取扱いがあまり無く、お客さまのお手間になるのが心苦しいところです。ネットで検索をかけられる方は、家電量販店の通販結果が先にヒットしているような気もしますが、ここでも簡単にご案内させていただこうと思います。

【お仏壇の電球】
(1)なつめ球
 全長5 ガラス部分の幅2 口金1.1僉110V5W
(2)パイロット球
 全長2.9僉.ラス部分の幅、口金0.9僉6.3V0.15A
(3)オアシスライト(ムギ球)
 全長1.7僉.ラス部分の幅、口金0.5僉12V1W

image1 (7)


予備を含め5〜6個程度ご注文いただくことが多いです。その程度であれば、出来るだけ小さく梱包の上、普通郵便(定形外規格内)でお送りしていますので、お困りの際は是非フリーダイヤル(京都本店)0120-27-9595までお電話ください。

カトウ


 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile