東京タワーとスカイツリー

夕方になると、東京タワーとスカイツリーはライトアップされます。

181120 夜の東京タワー



















東京タワーです。港区で近くに寄った時の写真。


181216 夜のスカイツリー



















スカイツリー。弊社東京店近所の新仲見世商店街から撮りました。
先のほうが分かりにくいですが。


東京タワーは12月23日で開業60周年を迎えるそうで、21~23日の3日間は、塔体に
赤色のライトを当て、赤1色の「エンジェル・レッド・ダイヤモンドヴェール」という特別
ライトアップを点灯するそうです。

スカイツリーも、キャンドルの炎をイメージした「キャンドルツリー」や緑やシャンパン
ゴールドの光で彩った「シャンパンツリー」などを日によって点灯させるようです。

スカイツリーは、東京店の近所からでも見ることが出来ますので、また日を合わせて
のぞいてみようかと思います。

東京店・吉田







 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile