かえる寺

今年の元日は福岡県の小郡市にある如意輪寺というお寺に行きました。
このお寺は真言宗のお寺で「かえる寺」と呼ばれています。
境内には約1000体カエルの石像があって、住職さんが集めておられるオブジェとかいろいろなものを含めたら全部で5000体あるそうです。
私がこのお寺に行くのは4年ぶりで3回目なのですが 今回は新しく「握手かえる」という等身大のカエルがいて、握手してきました!
今年は元日からたくさんのカエルに会えたので、良い一年だったかな…と思います。

そして来年も「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2019」を利用して「かえる寺」の カエルに会いに行ってきます。
来年も良い一年になりますように。

管理本部 山口

kaeru


この記事へのコメント
写真のカエルさんが握手かえるでしょうか?来年もお会い出来ますようにお祈り致します。不運ではなく試練ですか・・・

私はゲームのアイテムで、カエルの置物を手に入れたのですが、気になって置いておきますと家族が無事に退院してきました。
どうか良い年でありますように。
ケロケロ!
Posted by M at 2019年01月05日 10:25

 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile