埼玉。


 前にテレビで埼玉が舞台になっている映画が公開されて、
 その内容の過激さが話題になっているというのを見ていて、
 その時に埼玉でふと思い出した事が。

 
 去年、兄がそれまで住んでいた加古川から埼玉県の春日部市
 に引っ越す事になり、その直前に手伝いに行ったという話を投
 稿したのですが、その兄の家に行った時に甥に「学校の友達に
 埼玉に引っ越すと言ったら、『埼玉って何があるの?』と聞かれ、
 その時に思い出せたのが草加煎餅とクレヨンしんちゃんだけだ
 ったんだけど、他に何かあったっけ?」と聞かれました。
 
 
 その時に、
 
 ・さいたまスーパーアリーナ
 ・大宮の鉄道博物館
 ・プロ野球の西武ライオンズ

 が埼玉県だと答えると「そう言われてみればそうだった」との
 一言が。

 
 ちなみに気になって後日調べてみると、

 ・サッカーの浦和レッズと大宮アルディージャ
 ・埼玉(さきたま)古墳群
 ・長瀞のライン下り

 など、テレビでよく見るような物が埼玉県にあって、改めて見れ
 ばそうだったとは思うものの、普段住んでいない地域の事とな
 るとなかなか結びついてこないものだと思った次第でした。


                             商品事務  齋藤


 
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile