カテゴリ: 小堀進 前社長

昨日、滋賀県のご寺院様から「今日これから工房を見学したい」と急なお電話を頂いたのですが、稲葉部長に急遽対応してもらい無事ご案内をさせて頂くことが出来ました。
 あとで分かったのですが、このご寺院様は現在お仏具のご修復を計画中で、当社も含め何社かをご発注先候補としてご検討されています。今回は各社の実情を確かめる為にあえて突然お越しになられたということです。お客様に頭がさがります。ふだんの様相をよくぞご覧になって頂き有難うございました。
社長 小堀賢一

 当社WEBにも掲載の通り、このたび善立寺様へ墓石型お納骨壇をご納入させて頂きましたことにより、アルミ、鉄、石の3種類の素材のお納骨壇を取り揃えることが出来ました。過去には木製お納骨壇を製作したこともありましたが、素材としてはこの3種類を当社のお納骨壇の規格品とします。
 現在、殆どの都道府県条例で、お納骨壇の不燃性が規定されていますが、そのことを念頭にこの3種類をお客様へおすすめしていきたいと考えています。下記は参考までに東京都条例からの抜粋です。
※東京都条例「墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例」第8条のG執堂の設備は不燃性材料を用いること。ただし、納骨堂内で火気を使用しない場合は、この限りでない。」
 社長 小堀賢一

1-060727教楽寺様御本堂2-060727想い出の天人彩色絵







お客様である以上に、大切なことをお教えをいただいた人情味あふれるご住職様‥、残念なことですがお亡くなりになられました。

あまりにも早すぎます‥、悲しいです。

急遽おまいりに‥、

20年前、本堂再建当時は毎月ほどお寺に泊めていただき、ごちそうになり、お酒の量もたいへんなものでした。

その部屋には、彩色師が寄進された天人の絵が‥、ご住職様のお荘厳への熱い想いが今も伝わります。

と‥、

そこに若さんが‥、

幼かったあの若さんがご立派に成長され、まるでご住職様の生き写しのよう。

お目にかかった瞬間、もう泪を止めることができません‥

でも、お会いできてほんとうに嬉しかったです。

坊守様もさぞお心強いことでしょう。

ありがとうございました。

3-060727高知駅4-060727高知駅完成予想







高知駅もモダンになるんですね〜、街も様変わりです。

お仏具を作ってくださった何人かの匠も亡くなられました。

時代の移り変わりを感じます。

しかし、逸品だけは歴史に残され、そこにご住職様のお心が伝承されることをお思うと、自然と手が合わさります。

南無阿弥陀仏

合掌

小堀 進

 仏事コーディネーター資格試験は今年で3回目になりますが、申込み締切期限が8月31日と迫ってきました。第1回目は約640名、第2回目は約330名の受験者があり、本年の受験者数の減数が心配されていましたが、今のところ昨年に迫る申込者がありそうです。当社からは現在1名だけの申込者ですが、受検希望の方は社長まで申し出て下さい。
社長 小堀賢一

070809inet事業研究会のお知らせ 京都市産業技術研究所工業技術センターさんの「京都工芸研究会」の研修会でお話をさせていただきます。

 お受けした以上、ご参加いただく人数の多い少ないに関係なく全力を上げます。

 私どもの独自商品、寺院用音響システム「響(HiBiKi)230」を持ち込ませていただきます。

 右脳に残していただけますように‥

 皆さんと最初で最後のご縁となりませんように‥

 で‥、原稿作成中。

 私も“ただ今修行中!!”こういった機会がすごくいい勉強機会になってありがたいことです。

 小堀 進

060523仏具組合の総会が無事終了‥ ご来賓のお話‥、
 『ほんもののお仏壇には日本人の心を育てる価値がある』
 私たちの工房に来ていただいたときに‥、『おぶつだん はっぴんえんど ものがたり』でお伝えしていることでもあり、すごく共感しました。


 最近よく議論になる「表示ラベル」について、

 私はどちらかというとこの政策の反対論者であり、落胆しております。

 日本人が日本の文化、日本の伝統技術を見極めることができなくなったので、「ほんものを示すラベル」を貼る。

 でも、今ではラベル事態の信頼度が下がっていますからね〜

 冷蔵庫にある古い食品‥、

 私のおふくろの時代はみ〜んな、臭いで、触って、なめて、しっかり見て‥、「大丈夫!食べてええよ!!」って判断してました。

 でも今は、「賞味期限ラベル」に頼ってしまいます。

 これでは、人間が持つ「五感+心=六根(ろっこん)」がますます退化するのではないでしょうか?

 チャールズ・ダーウインの「種の起源」、進化論に反することでは‥!?

 表示ラベルの信頼度が下がる今こそ、表示ラベルに頼ることなく見極める力を養うことに力を注ぐべきと思うのですよね。

 実は‥

 私たちの工房で小6の子どもたちに金ぱく押し体験をしてもらってます。

 同じ材料、同じ環境、同じ条件でも仕上がりに差がでます。

 「○×君の金ぱくきれいやな〜〜」「君のすごいな!!」

 わずか30分の体験だけでも、ほんものを見極める力が備わってしまうんです。金が一色でなくいろんな色に見えるようになるのです。

 この体験をした子どもたちには品質表示ラベルなんて必要がないのです。

 ほんものを見極める目を養うってそんなに難しいことでもないって実感します。

 小さい頃から目を養う教育をすることで、日本に伝わるほんものの良さが見える人が増えますように!!

 小堀 進

060503天井絵の牡丹060503庭に咲く牡丹







天井絵(左)と庭に咲く牡丹(右)‥

仏壇仏具は、彫刻・彩色(さいしき)・蒔絵(まきえ)・金具などに花を模して清らかなお浄土を表します。

でも、ほんとうの花と見比べてみることはなかったんですよね〜

庭に牡丹(ボタン)の種植えをして育ててみよう!

春になると元気に咲いてくれる。

不思議に愛着がわく。

お彼岸には仏壇にぼた餅をお供え‥

ボタンに似てるからボタ餅になったとか。

小堀 進

060501ヤフーショップ仏壇店ヤフーショップに5千万円のお仏壇が買い物カゴに入ります。

でも‥、

“モノが大きいだけに買い物がカゴがやぶれて成約しないんです!”

よくこんなジョークを言ってました。

ところが、最近急増!

悪質なポイント狙いで、キャンセル処理をしないと5千万円なら50万円に相当するポイントを支払うことなりかねません。

ヤフー側に相談をもちかけていました‥

オンラインショップ全般で、ポイント狙いの高額注文が急増しているとのこと。

で、今月から1000ポイント以上は自動的に注文が成立しないシステムを導入されました。

さすがヤフーストアーさん‥
           これで安心!!

ポイント狙いの悪質ユーザーさん‥
           あきらめなさいよ!!

小堀 進

060425たまゆら鈴 こんなかわいらしいお鈴(りん)があります。

  『たまゆら鈴』

 直径が5.4センチ、撥の長さが7センチのちっちゃなお鈴‥

 真鍮製で変色がしにくいようコーティングしてあります。

 ひかえぎみで謙虚な音‥、ホントかわいいです。

 最近外人さんが買われましたが、呼び鈴にでもお使いなんでしょうかね。

 では、動画で音を聴いてみてください。 合掌
  ↓↓↓↓↓↓
 060425たまゆら鈴の音

 小堀 進

060413新幹線 お仏具との寸法の取り合わせや儀式の際にお寺様が通られる最低限必要なスペースなどをご提案の際には、JR車両のサイズを引き合いに使わせてもらいます。

 『御本堂の入り口巾は69センチですよ‥』

に、

 『新幹線の乗車口と同じサイズです‥』

と付け加えると親切ですよね。

 多くの人が体感しているサイズは伝わりやすいですからね。

で‥、

 700系のサイズをもう一度測定しておきました。

   ◇乗車口の内巾 690亶發1840
   ◇トイレのドア内巾 600
   ◇電話ボックスドア内巾 490
   ◇座席B席(3列席の中央)肘掛内巾 460
   ◇その他の座席 肘掛内巾 440

 乗車口の内巾はバリアフリーもあるのでしょう‥、古いJR車両と比べると広くなっています。

 ちなみに‥、

 車両価格は一両約2億3千万円‥、16両編成で約36億4千万円だそうです。

 う〜ん、

 一両で立派なご本堂が建立できる‥、

 16両編成で仏具屋さんの年間売上よりはるかに多い‥、

 すごいものが走ってるんですね。

 小堀 進

060405連携企業と こんにちわ!小堀進です。4/1から4/7まで開催中のイベント『新商品の体験が面白い!』の一部をお伝えします。

 スプレーするだけで燃えにくくなるファイヤーカットの効果‥、体験ください。

060405文化財復元センターさん栄進さんと

  消えかかった文字や絵を復元する技術の文化財復元センターさんと音と光の栄進さん。



060405静脈認証

 指の静脈認証‥、指が御本堂や納骨堂の鍵になれば出入も安心。




060405電気火災を守る

 地震時に電気を自動遮断する火災防止コンセント‥、安心!!




060405逸品コレクション-1

 めったにみることができない鎌倉時代の仏像や仏具。現代の匠が語る‥、同じカタチのものが作れてもこの強度を復元するのはむつかい!


060405逸品コレクション-2

 東本願寺さん明治造営時の道具や模型ほかの資料

060329二階視聴室060329先端技術と連携







060329逸品コーナー060329東本願寺様造営道具







  『新商品の体験が面白い!』
    4/1から始まるイベントの概要が見えてきました‥続きを読む

060325商品事務係060325お客様相談室







 3月25日(土)12時30分、浄土真宗本願寺派「新門様」の御婚儀が総御堂で執り行なわれました。

 心からお祝い申し上げます。

 御婚儀の模様がインターネットでライブ中継‥、続きを読む

060301蝋燭村の代表へ寄贈
 ボランティア物品は現地で必要とされるものを把握しないまま送っても喜ばれません。

 港に山積みにされたあげくに処分されるということもあるそうです。

 ところが、お寺さんで使われた大きな和ろうそくは明るく消えにくく、電力供給が不安定な国では照明の変わりになりたいへんな人気です。

 写真は、ボランティアでお世話になってますIsida様から頂戴したものです。
 
 日本のお寺さんで使われたおろうそくが、アフガンの村の代表へ配布された際の記念スナップとのこと。

 なに?顔が喜んでない?

 こういう顔なんですって。

 ほらっ、右から三人目のお兄さん‥、しっかり笑ってるでしょ!!

 ものすごく喜ばれてるのッ‥

 ボランティアの活動を続けるには様々な問題を乗り越えなければなりません。

 しかし、これほど多くの方々に喜んでもらえる使用済みおろうそく‥、

 田中店長の発案でした。感謝ッ!!

 現地の期待に応え、なんとか続けたいと思います。

 小堀 進

060223ビジネス交流フェア大八木君と060223ビジネス交流フェアー会場







 京都府(財)京都産業21さん主催の「京都ビジネスパートナー交流会」です。

 今月はイベント月間‥、たいへんハードなスケジュールの中、担当の大八木君が毎回工夫をこらしてくれます。

 たとえちっちゃなブースであっても、短い期間であっても‥、いっしょうけんめいに取り組んでくれるんです。だからドンドン進化するんですよね〜。

  Thank you very much でっす!

 こんな中からお寺様やお仏壇のお客様にお役に立つ新しいサービス・商品の気づきが始まります。

  そして新しいご縁も‥

 今回も気になる人・企業との連携が始まりそうで楽しみです。

                        小堀 進

060105年始表敬060105上田さんと







 1月5日から始業です。職人さんをはじめお取引先の方々が東本願寺前の京仏具蠑堀本店におこしをいただき新年のごあいさつです。日ごろごぶさたばかりで、年に1度しかお会いできない方が多く失礼いたしております。続きを読む

060103お仏壇のそうじ060103幼子の合掌













 暮れにお仏壇のそうじをして、お正月に幼い子たちもの合掌する姿をみたときに、代々の風習をこれからも伝えられることを感じ感謝!
 賀状は、12年前・24年前の版画の使いまわしですいません。時間の経つ早さににはオドロキです。続きを読む

051230蒸気機関車051230仏壇彫刻











 ともに同じ時代に作られたのもの。
 蒸気機関車C-160は昭和17年につくられ、昭和27年に引退。
 仏壇欄間のこの彫物は昭和20年京都六条の職人さん作で私がもっとも好きな彫刻です…、続きを読む

051218 1978年NHK051218 2004年KBS







 京都本店の3階に、お内陣(ないじん)のモデルルームがあります。お内陣は御本尊やお仏具を安置するスペースで一般参詣者が入ることはできませんが、このモデルルームはご自由に体感していただけます。続きを読む

051213和歌山出張  片道2時間の車中、たまたま乗った席が後部座席だったものですから、仕事がよくはかどります。同行のakashi君!ごくろうさま!続きを読む

051206NY灯ろう流し 2001年9月11日、私たち日本人にも大きなしょうげきを受けた同時多発テロ、世界中の人々の心が痛んだ悲惨な事件でした。1年後の公式発表の犠牲者数は、3千人を超えていました。あれから4年‥、続きを読む

051127善宗寺様御本堂051127善宗寺様お内陣







 堺市にある浄土真宗本願寺派の善宗寺様で御本堂修復の慶讃ご法要です。雅楽の音が響くなか厳粛に厳修されました。
 私どもよりお仏具をご納入させていただきましてまことにありがとうございました。記念式典では、感謝状と記念品をいただきたいへん光栄の至りと心から感謝申し上げます。続きを読む

051126笑顔のあやかちゃん 私の尊敬する方からメールがありました。協力してあげてくださいと‥。2005年1月10日うまれの彩花ちゃん。一刻も早くアメリカに渡り臓器移植が必要なんです。命が危ないそうです。でもその費用が1億3千万円必要です。続きを読む

051122見えないものが見えてくる 昨日の部長の話、70歳を過ぎた職人さんには配慮をしながら仕事をやってもらっているという。向上心をもって一筋に高い技術を身に付けてこられた職人さんも、年齢とともに体力・視力のおとろえは隠せません。続きを読む

051118報恩講セールの準備ご本山の報恩講期間中に開催するセールの準備です。全国からたくさんのご門徒さんが参拝にこられ、一年で一番にぎやかになる時期なのですが、最近は年々お参りに来られる方が減っているようです・・・。
続きを読む

051115屋上カメラ京都本店の屋上カメラです。コンピューター画面の見たいところにカーソル移動してクリックするとそこに焦点を合わせてカメラが動きます。但し、先に操作をしている人が優先、たまに左へ右へ見えない相手と取り合いがあったり・・・。続きを読む

051114ブッシュ渋滞山科の仏壇仏具工房で会議の帰り、川端五条を北へ・・・、とたんに渋滞、あー、とうとう止まってしまいました。
ブッシュさん渋滞なんでしょうか・・・、続きを読む

合子記事:小堀 進
合子(ごうす)は仏前でたく香を入れる容器。
日経新聞「窓」に『正倉院宝物のレプリカ完成』の記事が載っていた…、

続きを読む

鎌倉時代の卓記事:小堀 進
お経の本を置く机を経卓(きょうじょく)という。
奈良時代の経卓は足がなく低い箱形だったという。僧侶はあぐらをかいた座り方をするので古い時代の机は足が短い。室町時代になると正座になり高さも高くなった。鎌倉時代以後は、巻経の転落防止に天板の両側に筆返しがつく。続きを読む

会議記事:小堀 進
10/9の日経新聞に・・・、「ネットと文明」「価値観の変化キャッチ」と題した記事が掲載・・・、

続きを読む

↑このページのトップヘ