中国出張での寺院巡りです!

本社で一階だたり、四階だたりする中国人スタッフ盧と申します。
4月に中国出張へ行って参りました。長い旅でしたが、多様な寺院
を見られて楽しかったです。
深センの伝統式な寺院建築だと思ったら、コンクリート制でした。
それに、お仏像並び方にびっくりしました!
IMG_0430

IMG_0429

IMG_0428

杭州の有名な寺院霊隠寺(れいいんじ)です。大学の時何度も
いきましたが、やはりまた行きたいです!
彌勒菩薩の笑顔がいいですね!
簡単な紹介です。
霊隠寺(れいいんじ)は西湖(せいこ)の仏教文化を代表する
史跡で、杭州(こうしゅう)の最も早い仏教建築群である。
十〜十三世紀の「東南仏国」期において顕著な存在であった。
杭州北高峰の南麗にあり、東晋(とうしん)の咸和(かんわ)
元年(326年)に印度僧慧理(えり)が創建とされる。
南宋(なんそう)時(1127年〜1279年)は禅宗の「東南第一山」
とされ、浄慈寺(じょうじじ)と並んで最高位の禅宗寺院
「五山十刹」に属した。霊隠寺はしばし壊されては建てられたが、
現存する寺院の規模は清末の再建を基礎にし、1950年代以来、
何度も整備されてきたものである。霊隠寺は南向きで、南から北
の軸線上、順に天王殿、大雄宝殿、薬師殿、法堂(蔵経楼)、
華厳殿がある。また、東西両側にそれぞれ鐘楼、鼓楼、伽藍殿、
羅漢堂などがある。寺院内には十世紀に建てられた石塔と経幢
各2つが保存され、五代仏教建築の精華と称えられる。現在、
霊隠寺は東南沿海地方における仏教の重要な拠点である。
                    ―「霊隠寺」より

1

IMG_3862

IMG_3861
  

2018年08月19日 09:45|この記事のURL│09:45Comments(0)

香港

ちょこちょこと、頻度は少ないですが海外出張に行かせていただいています。
先日は香港へ1週間ほど行っておりました。

香港といえば100万ドルの夜景など、なんだか華やかなイメージですが、私がお勧めしたいのはこれ。

20170721香港1


路地裏。

なんてことはない、ただ落書きとゴミ箱があるだけなのですが、
香港マフィアやジャッキーチェンが出てきそうでわくわくしませんか?
・・・私だけでしょうか。

20170721香港2


20170721香港3


別の場所ですが、夜は夜でまた別の趣が。

20170721香港4


見上げるとこんなかんじ。

おそらくマンションなのでしょうが、よくこれで倒壊せずに建っているなと思うほどボロ・・・風情があります。
香港は地震がないそうなので、これでも充分なんでしょうね。
この日は雨上がりだったのですが、晴れた日だとこの窓に洗濯物が連なります。


同じ路地裏でも、フランスだと・・・

20170721フランス


うーんなんだかお洒落。
これはこれで好きですけれど。

観光地を歩いているだけでは分からない、その国の素顔を覗いているようで、路地裏めぐり、やめられません。

海外事業部 まつえ  
2017年07月21日 15:35|この記事のURL│15:35Comments(4)

ドライブ旅行

先週末、友人と小倉〜山口観光に行ってきました!

山口でレンタカーを借り、
一日目は小倉・門司港・下関、
二日目は秋芳洞・萩・山口市内といろいろまわってきました。

一日目、お天気は夕方から生憎の雨で、下関で立ち寄った火の山公園では展望台からきれいな夜景が見られるはずが、霧が立ち込めていて何も見えず・・・。
車で山の頂上まで上るのですが、視界が数メートルの、夜の霧の山道を運転するという、ある意味貴重な体験をしてきました(笑。)

写真は二日目に行った秋芳洞の入り口です。
実際はもっときれいだったのですが、スマホのカメラではこれが限界・・・。
161122秋芳洞


天気が悪かったのが残念でしたが、満喫してきました♪
友人とは、次は春の長野に行こうと計画を立てています。

まつえ  
2016年11月22日 16:30|この記事のURL│16:30Comments(1)TrackBack(0)
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 正

記事検索
Archives
Profile