小さな改善大きな快適

京都の本店、4階におります、やまぐちとです。
ちなみに先月の“よだれかけ”は保留中。

今日、突然に仕事用の椅子が快適になりました。
なぜなら上司がキャスターを替えてくれはったから。
数十年選手の事務用椅子は、斜めな座り心地の上に、
ぎしぎし動くのですが、長年の慣れは恐ろしいもので、
4人とも「こんなもんかな」と思っておりました。

キャスターが4個外され、新しいのを4個取り付けること、
4回転して、それぞれの椅子が子犬のように動き出しました。

私たちは一日中椅子に座って、動いて、また座るを繰り返すので、
キャスター以外は現状のままで、これほどまでに快適になるとはびっくり。
今までより動きすぎて、自然に笑えてしまうほどです。
本当にありがとうございました。

なんでも買い替えて新しくするのは簡単ですが、
小さな改善で気分も変わるなら、
他にも取り組めるとこがありそうな気がしました。
せっかくやし、ごり先輩のお椅子にもキャスターが付いて、
くるくる動けばいいのになと思ったり。
DSC_1117

こんな小さいお椅子用のキャスターはあるのかなと思ったり。
でも「貴重なお菓子が落ちるから、要らへんし」と言われました。
さすが先輩です。

総合サービス やまぐちと  

2017年10月11日 18:18|この記事のURL│18:18Comments(1)

(おそらく)本店のみの季節商品

そろそろ涼しい京都の本店、4階におります、やまぐちとです。

今年はすぎましたが、夏のお問合せと言えば
“お地蔵さんのよだれかけ”、です。
“前掛け”とも言います。
赤や白の布で、形は丸いのも四角いのも。
BlogPaint赤くてふりふり付いてるのが山口好みです。
京都の子供にとって夏の最終イベント、地蔵盆の用意に、しばしばお電話を頂きます。

私には、町内のご有志(おばあちゃま)が作らはるようなイメージながら、
今は、お若いお母様も多いので、まず購入を考えはるのかもしれません。
と高飛車なことを申しましたが、私もお針仕事は、ほぼできません。

ただ、インターネットで作り方は紹介されていますし、
なぜか金襴地も手に入ったので、近いうちに作ってみようかと思います。
失敗したら、ごり大先輩のマントにしましょ。

総合サービス やまぐちと  
2017年09月21日 10:20|この記事のURL│10:20Comments(1)

京都駅前運転免許更新センターで更新♪

先日、京都駅前運転免許更新センターに行ってきました。ここで更新できる人は優良運転者と70歳以上の高齢者だけです。(私は大学時代に原付の運転免許を取得しましたが、訳があって一度も運転することなく、何度も更新しているペーパードライバーです。)
更新手数料2500円と講習受講料500円を払ったあと、「5年に1回だけですので、交通安全協会への協力金1500円を任意ですがお願いします。」と大きな声でお願いされたので協力したところ、免許証入れと腕に巻く反射ベルトを渡されました。
視力検査、写真撮影、優良運転者講習30分を受けて、終了です。
すべてが終わって約1時間でした。
羽束師の時は半日以上が潰れましたが、このセンターは建物もピカピカでエアコンも効いていて涼しいし、とても快適な更新でした。
小堀本社には運転される社員の方がたくさんいらっしゃいますが、ぜひ安全運転で優良運転者になって、「京都駅前運転免許更新センター」で更新してみてください♪

管理本部 山口

attachment01attachment00
  
2017年08月29日 00:07|この記事のURL│00:07Comments(4)

第40回 仏壇供養会

第40回 仏壇供養会
平成29年9月24日(日)午前9時から
清凉寺(嵯峨 釈迦堂)です。
持ち込みの方供養料は、上置仏壇5,000円〜/台付仏壇10,000円〜
主催:京都府仏具協同組合商部青年会
仏壇供養会

↓こちらでもご案内中
http://blog.livedoor.jp/kobori_kyoto/
田中  
2017年08月28日 12:50|この記事のURL│12:50Comments(0)

ちょっと浮かんだコピーです。『お寺にピットイン』『ピットインお寺!』

東本願寺さん 食とアートのフェスタ 8/26

盛況でしたね! 特にお若い方や子供たち、ランチ会大好きそうな
おかあさん達も!
昔は何かと各種催し物、いわゆるイベントと言えばお寺でされてたのでしょう!
お寺のお役目は本来、活力充填のオアシス!なんですよね。

ちょっと浮かんだコピーです。『お寺にピットイン』『ピットインお寺!』 でした。 どう?

20170826



本店・hiraoka
  
2017年08月28日 11:22|この記事のURL│11:22Comments(0)

梵鐘と天人

IMG_0090


IMG_0087 (1)


東ご本山の境内、1604年鋳造の梵鐘が展示されています。
その天人柄が前から何故か気になっておりますが、いかがでしょう。
田中  
2017年08月23日 21:35|この記事のURL│21:35Comments(0)

薩長同盟所縁之地

IMG_0029
IMG_0030
IMG_0031


今年に入り近所に出来た記念碑です。

歴史の授業やドラマでよく聞く『薩長同盟』が結ばれた…

場所である可能性が高い所だそうです。

記念碑及び説明版に書かれている内容は


ゞ甕匆箸諒姪,任△襦惴羃嵌御屋敷』があった場所
          ↓
△修諒姪,鮖摩藩の家老であった小松帯刀が京都での住まい
 にしていた。
          ↓
その屋敷が薩長同盟が結ばれた場所である可能性が高い

 
 という事です。

 
 この記念碑は地下鉄鞍馬口駅の近くにあり、毎日通勤で通る

 ので、目に入る度に色々と想像してしまいます。


                      制作事務 齋藤

   
2017年08月19日 16:52|この記事のURL│16:52Comments(1)

アサガオの木

DSC_1361 s1
昨年夏の終わり頃、街中で目にした一本の木。

あぁ、花咲いてるわぁ。 うん!ちょっと待って、あれ枯れ木じゃん。
立ち止まってよく見ると枯れ木にアサガオが巻き付いて、ちょうど枝の
先に花をつけているのでした。
 
 これはいい、まるでアサガオの木ではないかいな。来年はぜひ我が家
でも咲かせて見せよう、パット盛大に。
しかしちょうど良い枯れ木などあるはずもなし。 竹ですな、竹。冬の
間に竹藪で枝ぶりの良い所をゲット。形を整えておきました。
さて、季節も頃合、ご近所で頂いた小さな花が咲くアサガオの種を植木
鉢にバラバラと、中央にはパイプをしっかりと固定そこに竹を差し込め
ば準備万端。
 双葉が出ました、本葉が出ました。ツルが・・小学生の観察か?
とりあえず、元気いっぱいにょきにょきと花を咲かせつつどんどん
上にのびて行きます。 いや〜アサガオすごいな〜。

DSC_1363 s2


 のびろアサガオ!でも、そろそろ枝に巻き付けよ−。

制作本部 sawada  
2017年08月19日 14:09|この記事のURL│14:09Comments(0)

こたえます

この時期、何がしたく無いって釜焚き洗いはその代表です。IMG_1913
ヤケドしそうな熱さの中、火つけ名人のS君は誰よりも釜のそばに張り付いてますし、一番若いN君は後片付けの為、最後まで炎天下に居残ります。先日はたまたま工房に来てくれたS商品副部長が自主的に手伝ってくれたりして深く感謝。瞬間的には甲子園の高校球児や鈴鹿の8耐ライダーよりもアツい夏の1日の主役がこのお釜様で御座います。


綺麗に仕上がった修復仏具にこんな工程も含まれている事を知って貰えれば幸いです。

工房 半日で限界の広地  
2017年08月12日 17:11|この記事のURL│17:11Comments(0)

事務所の必需品

蒸し暑い京都の本店、4階におります、やまぐちとです。
毎朝、ぎりぎりに事務所に滑り込むため、
暑い季節は、ぜーぜーしています。

そのための秘密兵器(死語?)が、この団扇。
DSC_1081

毎年、配られます。左が昨年の、右が今年の。
本体は竹製、和紙のような表面には古風な朝顔。
これで扇いでいると、風流な気分に。
(そんなことより、はよ仕事しなさいな)

団扇の裏面には「SAVE ENERGY!! 節電でこの夏を乗り切ろう!!」
と書かれています。
もちろんですとも。
自力だけで涼しいし、すばらしいばかり!日本の夏に欠かせません!
私の部署での普及率は、66パーセントを誇ります。
ブットンくんも愛用したはるかしらん。

総合サービス やまぐちと
  
2017年08月04日 09:27|この記事のURL│09:27Comments(0)

接客

異常気象が、毎年続くと、「異常」ではなくなりますね。

この間、突然、社用車のエアコンが故障!!
炎天下の中で、停車する度に団扇でパタパタと風をー

何事も普通に、過ごしていると見過ごしていることも
緊急停止すると、重大事態に!

 身内で、緊急事態が発生すると、流されるままに、
物事が過ぎていきます。こまごまとした事も、周りの
人の協力で、なんとか解決

 お仏壇をお探しの方の大半が、ご不孝があって
初めてご購入を検討されて、ご来店。
一生に1度あるか、無いかの買い物。
それも短期間で購入される。
 お客様の気持ちが、落ち着いてない中でのご来店
お客様に、解り易く、一つ一つのご希望をお聞きして
ご購入の折に満足、納品後も、気持ちが落ち着くと
思っていただけるような接客販売したいと思います。
 
                 近畿寺院課 長谷川昭宏  
2017年08月03日 10:23|この記事のURL│10:23Comments(0)

モネの池

先月になりますが、SNSやニュースで話題の岐阜県にある「モネの池」に行ってきました。

この名前は通称でクロード・モネの描いた「睡蓮」に似た写真が撮れるということで呼ばれているそうです。元は観光目的ではなく、偶然が重なって灌漑用の池が話題になったとのこと。
2015年頃、話題になり始め、その年のGWには平均3000人が訪れて、池に向かうための国道が大渋滞したため警察が出動する騒ぎになったそうです。SNSの情報発信力恐るべし。

「モネの池」周辺は何もないところで、友人の運転する車に乗っていったのですが、延々続く山と川と田んぼに不安になって来た頃到着しました。
水の透明度が高く、午後になって日が差し込むと反射してしまい、上手く写真が撮れなくなるということで、宿泊していた旅館を朝早く出て6:00頃到着したのですが、既に三脚を立ててカメラを構えた方が20名弱いらっしゃって未だその人気ぶりは健在のようでした。
林立する三脚の間から必死にスマフォで写真を撮ったのですが、噂に違わず肉眼で見ているのに絵画のように見える本当に不思議な光景でした。

モネの池

少し明度を上げただけの画像です。

嘘か本当か確認していませんが、モネの池の効果で、関市の観光客数が2014年が266万人だったのに対して、2016年には339万人となり、モネ効果で73万人の観光客数の増加につながったそうです。
見物して写真を撮り終えれば、食事をするにしろ遊ぶにしろ、また街中に出るまで車を走らせるしかないところなのですが、SNSが普及した今「フォトジェニック」の絶大なる効果につくづく感心しました。車がないと絶対に行くことができないので、オススメしにくいですが、機会があれば皆様もぜひ美しい不思議な池見に行ってみてください。


総サ カトウ  
2017年07月29日 13:30|この記事のURL│13:30Comments(0)

大先輩へご報告

京都の本店、4階におります、やまぐちとです。
先月、植えたライチの種。どうやら3個発芽したようです。
201707ライチさん


うちのプランターは土も古く、さくらんぼの種、榊の挿し木など
無法地帯なので、芽が出ても何か判りません。
心強い味方、インターネットさんにより
この爪楊枝から細長い葉っぱが出たようなのがライチらしいと判明。
けっこう乱暴な後輩やまぐちは疑い深いので、少し土を掘ると、種から確かに出ていました。

確か6個ほど埋めた(植えた、ではない)ので、発芽率50パーセント。
これで一歩前進です。
くくく。
総合サービス やまぐちと  
2017年07月15日 09:21|この記事のURL│09:21Comments(4)

今年も咲きました

会社からいただいた胡蝶蘭が、
今年も花をつけました。
葉っぱが少なくなって、
すっかり弱ってしまっていたので、
花は咲かないかなと思っていたのですが、
なんとか咲いてくれました。

花が終わったら、しっかり栄養を与えて
植え替えもしてあげようと思います。
DSCF4453


ヨコタニ  
2017年06月24日 23:27|この記事のURL│23:27Comments(0)TrackBack(0)

紫陽花苑

毎年6月に京都伏見の藤森神社にて紫陽花祭り(紫陽花苑)が開催されています。
亡き祖母が昔行ったことがあり、楽しそうに話していたのを思い出し、
祖母を偲びながら神社の参拝の後に紫陽花苑を廻りました。

紫陽花苑1

今年は紫陽花の開花が遅いようです。梅雨らしくもなく・・

紫陽花苑2

苑内は水々しく、人工雨が撒かれていました。

紫陽花苑3

限定の御朱印は大盛況でした。

もう一度、満開の時期に行ってみようと思います。
Hirai

  
2017年06月19日 10:18|この記事のURL│10:18Comments(1)TrackBack(0)

血管年齢測定器リターンズ

京都の本店、4階におります、やまぐちとです。
昨年、本店で一大ブームを巻き起こしました、
血管年齢測定器が戻ってきはりました。
明日の朝までです、まだの方はお急ぎを〜

皆が自発的に測定し、うれしそうに結果を語り合っています。
すぐに測定できすぎて、これを信じてよいのかしらという思いもありますが、
前向きに取り組む様は毎年の検診よりとても健康的に感じます。

私の結果は、52歳でした。
くくく。
総合サービス やまぐちと  
2017年06月12日 17:56|この記事のURL│17:56Comments(0)TrackBack(0)

大先輩との会話

京都の本店、4階におります、やまぐちとです。
DSC_1021

写真は、総合サービスにいはる「ごりさん」です。
ごり蔵、ごりっぺ、とも呼ばれ、禁煙のはずの事務所で、
大きな態度で年中煙草を燻らせています。
しかしただの愛玩ゴリラではなく、私たちに翌日の遅番出勤を認識させるという重要な任務を長年担っています。

今回は、戴き物の和菓子(左下)と南国のこれまた珍しい果物ライチ(右下)
に囲まれ、かなりご満悦。
“ごりさん、タバコより果物の方が体にいいと思うえ”、
と声をおかけしたら、「たまにはいいかもな」と返されました。
(ような気がしました)
ですので、ライチは後輩やまぐちがすべていただきました。
おいしゅうございました。
ごちそうさまでした。

種は植えましたので、もし実が生れば大先輩に献上します。
  ※ちなみに最低でも10〜12年かかるそうです

総合サービス やまぐちと  
2017年06月04日 15:34|この記事のURL│15:34Comments(1)TrackBack(0)

茘枝

数日前、ベトナムのお客様がお越しになりました。
その時にお土産をくださったのですが、なんと生のライチ!
170603

ライチといえば、バイキングのフルーツコーナーに盛られたころんとしたイメージしかなかったもので、薄い茶色の果実に枝と葉っぱ付きの姿に一体何を頂いたのかと驚きました。
1706032

ライチ自体普段ほぼ食べることがないので、記事を書くにあたって少し調べたのですが、ライチは味が落ちるのが早く日本で食べられるものは冷凍されたものが一般的。鮮度が落ちてくると皮の棘もなくなり、黒ずんでくるそうなので、濃い茶色のころんとしたライチは冷凍品だからということのようです。

帰って早速いただいたのですが、ライチの濃い甘い香りと味に瑞々しい果実とても美味しくいただきました。こんな珍しいもの大事に食べねば!と少しずついただいていたのですが、味が落ちるのが早いと知ったので勿体ながらずに早く食べてしまおうと思います。お客様にはひたすら感謝です!

総サ カトウ  
2017年05月31日 10:55|この記事のURL│10:55Comments(0)TrackBack(0)

 葦

「人間は考える葦である。」詳細は省略するとして、少し違うやも
しれないが、前提として人というものは考えるものであり、
考えるから故に人間なのであろう。 
 先日電車に乗った時。乗降口上部に設置されているモニターを 
見ていると、現在位置、次の駅、路線図、等々乗車に関する情報が
次々と表示されていた。それだけでも充分なのに停車駅に到着する
直前には「こちら側のドアが開きます。」の文字と共に扉上部にある
LEDランプが点灯する有様である。外国人言う日本流のおもてなし
至れり尽せりであろうか。しかし、こうも言う「そこまでしなくても」。 
 そのようなシステムが導入される以前なら、外の風景や駅の看板 
路線図等を見て現在位置を確認していたのである。それがモニターを 
ただ眺めているだけで全てが解るのである。自分で考えるという
行為をあまり必要としなくなっている。それは電車のみに限る事では
なくそれが世の中の流れと感じずにはいられない。
 さて考えることをあまりしなくなった人をどうなるのか。使わない 
能力は生物の必然として退化の途を辿るのだろうか。冒頭の言葉から
すれば考える事をしなくなった人、もしくは自分は単なる葦と
なってしまうのだろうか。 

                                   
                                    工房 永田    
2017年05月25日 10:56|この記事のURL│10:56Comments(0)TrackBack(0)

快慶展へ行ってきました。

奈良国立博物館の『快慶展』に行ってきました。同じ快慶作の阿弥陀如来立像でも、製作の年代によって微妙に変化しているのがわかるでしょうか?向って左が若年期で右に向かうほど晩年になります。  
                                       小 山  

快慶作 阿弥陀如来立像 六体

  
2017年05月22日 08:07|この記事のURL│08:07Comments(0)TrackBack(0)

お仏具の一部です。が、

京都の本店、最上階におります、やまぐちとです。
この写真、何に見えますか?
BlogPaint

少し前に「ふくろう」と仰った方がいらして、大きな衝撃を受けました。
そう聞きますと、確かにそのようにも見えてきます。
みなさんも、はい、じーっと。
ほら、おめめまんまるのふくろうが寄り添ったはるでしょう?

わたしは長いこと、菊と決めつけていましたので、
自分に柔軟性も想像力もないことを思い知りました。

総合サービス やまぐちと
  
2017年05月12日 09:00|この記事のURL│09:00Comments(2)TrackBack(0)

さしむかう

5/11は土方歳三の命日。

つい最近ひょんなことから新選組に興味をもち、
のろのろながら小説を読んだり絶賛新選組勉強中です。
昔の難しい言葉がたくさんなので辞書
..というか検索ツールとにらめっこしながら読んでいます。
IMG_1463

先日、土方歳三資料館さんへお邪魔しました。
年に一度の石田散薬体験会。
新撰組が大好きな友人につれていってもらって体験することができました。
薬研を使ってごりごりするのはなかなか難しかったですが、
「本当にこれで葉が粉になるのかな?」と疑問に思っていたものがすりつぶされていくのが見事でした。

資料館自体へももちろん拝観でき、様々なものがみれました。
中でもひときわ目を引いたのは、土方さんが最後まで手にしていたという刀「和泉守兼定」。
刃長がすらっとしていて長すぎず短すぎずといった印象をうけます。
友人曰く、馬に乗っての戦いや広い合戦上ではなく市内を駆けめぐって戦うためにちょうど良い長さの刀なのだろうということでした。実戦に長けた刀です。
鞘は深い朱色に鳳凰と牡丹の模様。
そこにも戦った跡なのか傷が残っています。
使用当時から一度は研がれたらしい刃の切先にも欠けた跡。
そして柄はどんな風に土方さんが握っていたかがわかる程紐がすりきれていました。
生きた証がそこにあることにとても感動しました。

資料館自体土方さん一族の方がご自宅を改装されて見せて下さっている形です。
ただでさえご自宅を解放してくださってるのに解説を丁寧にしてくださったり、色々な体験をこうしてさせていただけて当時を知れることがとてもありがたかったです。
また、グッズもとても素敵なんですよ。
IMG_1559

資料館自体は、毎月1,2日間開けてくださっていますので
ご興味のある方は足を延ばされるといいかなと思います。
その後にも新選組ツアー的に何カ所か廻ったのですが、既に長すぎるのでこの辺りにしておきます。

本店店頭 こばやし  
2017年05月11日 17:26|この記事のURL│17:26Comments(0)TrackBack(0)

すぬーぴー

小さい頃からスヌーピーが大好きです。
先日、スヌーピーミュージアムに行ってきました。
ちょっと、期待と違って物足りない感じでしたが・・・

sunu290503-2
小さい頃の写真には、スヌーピーが写っていて、
両親が百貨店で購入したそうなので、
前回の朝ドラのモデル、ファミリアさんの
初期のぬいぐるみだと思われます。
(今もあります!昔のスヌーピーはシュッとしてました。)

最近は、色んなコラボスヌーピーが出ています。

阪急電鉄とのコラボは、阪急カラーのマルーン色で。
ラッピング電車も走りました。
sunu290503-3


ユニクロでのKAWSスヌーピーは大人気で品薄のお店も。
sunu290503


USJのスヌーピーは、とてもお茶目です。
ぐいぐい迫ってくるので、ぜひ一緒に写真を撮ってみてください。
sunu290503-4

スヌーピーのぬいぐるみの謎&豆知識?
 背中に黒ぶち、しっぽ白
 背中の黒ぶちなし、しっぽ黒
 背中に黒ぶち、しっぽの付け根黒(USJ写真参照)
実はどれも正規品です。お家にある方はチェックです。

あと3年ぐらいで、70周年を迎えます。
何年経っても変わらない可愛さ。
これからも大好きです。

  松井  
2017年05月03日 11:40|この記事のURL│11:40Comments(1)TrackBack(0)

内からの十戒と今世紀初

めでたい筈の正月に母親が倒れて今年は波乱のスタートとなりました。歳を考えれば最悪のサイコロの目が出ても仕方ない中 先日 退院。医療関係者への感謝は言うまでもありませんが、他にも多くの人に助けられました。
IMG_1738

今回初めて救急車に乗りましたが前行く車が次々と道を譲ってくれる、よく旧約聖書の十戒の有名な場面に例えられる光景、普段 運転する側からすればほんの数秒の行為ですが意識のない母親を横に救急車の中から見ればリレーの様に路肩に寄る一台一台にありがとう、ありがとうと心の中で手を合わせる命を繋いでくれた行為でした。

又、手術の際に多くの輸血を受けましたが、これも見ず知らずの人達の献血のお陰。
IMG_1747

じゃじゃじゃじゃあ少しずつでも返していこうと思い後日献血したのですが、30代の頃迄盛んにした献血もさっぱりしなくなっていて、献血カードもどこかに失くして、記録を調べてもらうと前回は1998年。今回の献血は今世紀初でした。献血可能な年齢は残り10年ちょっと。役に立てる内は続けたいと思います。
皆さんも 献血どうでしょう。

工房 鈴井 じゃなくて広地  
2017年04月27日 21:18|この記事のURL│21:18Comments(2)TrackBack(0)

花びら、はなびら

京都の本店におります、やまぐちとです。
桜が散りました。
今朝の東本願寺様前の店々は、花びら掃き。
お念珠屋さんに貸自転車屋さん、そして仏具屋。
花びらは小さいし、おそろしい量で、毎年本当に大変そうです。
きれいな花も散れば滑るもとになるため、自転車乗りとしてもありがたいことです。

小堀にあります、はなびらと言えばこれ。
DSC_0971

カタログでは「散華(華葩)」ですが、お電話では、ほぼ「はなびら」とご注文下さいます。
文字の印刷も可能です。
総合サービス やまぐちと  
2017年04月18日 13:54|この記事のURL│13:54Comments(0)TrackBack(0)

つい最近まで寒くて家でも布団にくるまって寝ていましたが

4月に入るとあっという間に気温が上がりすごし易い今日この頃です。

京都本店の前にある桜も蕾だったのが、

気が付けば綺麗に開花していました。

今年の開花は遅れていることもあり、

まだお花見できるところもあるということで、

まだまだ桜を楽しめることが出来そうですね。

DSC00646

2日後には満開↓
DSC00684

DSC00681


工程管理課 東中  
2017年04月16日 10:20|この記事のURL│10:20Comments(0)TrackBack(0)

春の楽しみ

ここのところの暖かさに、京都も桜が一気に咲きはじめました。
京都駅の地下出入口を出たところにも、しだれ桜があります。
花が咲きはじめるまで、しだれ桜の樹だと気づきませんでした。
京都は桜の名所がたくさんあるので、
昔は開花宣言が出るやいなや、あちこちに足を延ばしたものですが、
最近は街中にあるひっそり咲いた桜にほっこりしています。

総合サービス 前野

image1
  
2017年04月06日 14:58|この記事のURL│14:58Comments(0)TrackBack(0)

春の渉成園 東本願寺出版ブックフェアと寄り合い市

170401 寄り合い市

今日4月1日から4日まで春の渉成園 東本願寺出版ブックフェアと寄り合い市が開催されています。
弊社も出展中です、ぜひお立ち寄りください。
・・・・・・・
4月から本格的に本店店長としてリスタートしました。
改めましてお引き立てのほど、どうぞよろしくお願いいたします。
田中  
2017年04月01日 17:30|この記事のURL│17:30Comments(0)TrackBack(0)

もうすぐ桜の季節

もう4月になりますがまだ朝夕寒い日が続いています。お店前の烏丸通の桜も蕾が僅かに膨らんできてはいますが、4/1からの東ご本山様の春の御法要に文字通り花を添えることは難しそうです。

我が家の桜も開花はもう少し先になりそうですが、桜が咲く前にはその足元に植えてあるジンチョウゲの甘い香りを楽しむことができます。とても好きなのでジンチョウゲが咲いて香りを辺りにふりまくようになるこの時期もとても楽しみです。

漢字で沈丁花と書くのは薫り高く、お線香やお焼香にも使われる丁子(クローブ)のようだからだそうですが納得の命名です。そう考えると、春の御法要の時期に咲くというのはなかなかよいタイミングと言えるかもしれません。

桜が咲き始めると、視線を上げて桜にくぎ付けになってしまうので、家の前や烏丸通がピンクに染まるまで、甘い香りと鞠のような可愛らしい花を楽しみたいと思います。

沈丁花


総合サービス カトウ  
2017年03月31日 18:30|この記事のURL│18:30Comments(0)TrackBack(0)

今日、開幕!!

今日、プロ野球が開幕します。
小さい頃から、野球が好きでテレビをよく見てました。
見るのも、するのも、好きで草野球もよくしてました。
昨年は、観戦に行けなくて、残念だったので、
今年は、2試合は行きたいと、思ってます。
球場で観戦すると、かなり興奮し大声を
出してストレスも、発散できます。
(負ければ、倍ストレスが、溜まりますが・・・)
テレビ、ラジオ等で、観聞きしながら、
今日は応援したいと思います。
10月には、応援してる球団が優勝して
美酒を吞みたいです。    

 京都工場    北川  
2017年03月31日 07:37|この記事のURL│07:37Comments(0)TrackBack(0)
このブログは...

 「スタッフの悲鳴」は、会社でのこと、お取引先でのこと、出張先でのこと、そして私たちの商品であるお仏壇お仏具について‥、「嬉しい悲鳴」「哀しい悲鳴」などなど‥、お仏壇お仏具の日々の仕事を通じてのできごとをみんなが好き勝手に自由に書いてくれればいいのです。

 もちろんお客様、お取引先からのコメントも大歓迎です。

 毎日仕事をしていると、辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、あるんですよね〜、必ず。

 でも、その悲鳴を聞いてくれる人が一人でもいてくれたなら、たった一人でも共感してくれる人がいてくれれば‥、それだけで元気が出てくる、勇気が湧いてくる。

 そして、私たちがイチバン嬉しくなるとき‥、
 お客様からお慶びの様子や感謝のお言葉をいただいたときですよね。
 そんなときには、舞台裏でがんばってくださった社員やお取引先へもぜひお伝えください。

 あなたとあなたが大切にしたいすべての人が、感謝!感謝の心でいっぱいになります。
 

 どうですか。“悲鳴”を伝えてますか?伝わってますか?

 自然体でふだんの様子をありのまま書き続けてください。

 最後に、ブログを書くなんてめんどうくさい、書き方が判らない。それでも勉強しながら、勇気をふるって悲鳴を書いてくれた人への温かいコメント、励ましのひと言‥、これをわすれないでください。

社長 小堀 進

記事検索
Archives
Profile