カテゴリ: 営業推進部

昨日兵庫県の方へお仏壇移動にお伺いさせて頂きました。20年前に私がお仏壇をご納入させて頂いており,今回お部屋を改造することになり、とりあえず隣のお部屋に仮安置して頂きたいとのことでした。立派なお部屋でありながら「なぜ改造されるのですか?」とお聞きしましたら,「私も年ですので部屋を和室から洋室にしますのや」といわれました。「和室の構造では敷居でつまずいて転んだりして生活のリズムが狂ってたいへんでした。また部屋の暖房設備が不備なため床暖房にしますのや・・」とおっしゃいました。お話しをお聞きしましてなるほどと思いました。立派な和室にもかかわらず改造をするという事は大変な事ですがしかし安心して生活ができるので結構なことですねとお客様にお話ししました。これからは高齢化社会になり和室から住みやすい部屋に改造するお客様が増加していますとの大工さんがおっしゃっておられました。また完成致しましたら隣のお部屋から新しいお仏間にご安置させて頂きます。

稲葉

いよいよ「仏壇屋さんの舞台裏」が開催されました。
暑い中、今日一日だけでも多くの方がご来場いただきました。また、本店の方で開催していると思われて、お越し下さった方も居られました。気持ち良く「あと二日あるので工房へ行かせてもらいます。」と仰って頂き、たいへん有難く思いました。
京都では、祇園祭が17日の巡行を控え盛り上がっています。鉾は釘を使わずに組み立てます。釘の代わりに荒縄で結ぶのですが、結び方にも色々あって、受け継がれてきた伝統の技を感じます。
鉾だけではなく、お仏壇やお仏具にも昔からの伝統の技が生きています。是非この機会に「仏壇屋さんの舞台裏」へお越し下さい。
本店お客様係 吉村康子

 山科工房でのイベント「仏壇屋さんの舞台裏」(来週15日〜17日)が近づいているので、その準備にたびたび工房に行っております。夏のイベントに積極的に関わるのは今回が初めてで、慣れていないことばかりで自分の力不足を感じることも多いです。ただ、ご来場される方が楽しんでいただける会場作りができればと思い準備に勤しんでおります。

本店お客様係 吉田

投稿2006.6さんけい様
模型アートの世界、株式会社さんけい様の内覧会におじゃましました。
http://www.m-sankei.co.jp/
寺社模型や社屋・家屋の復元模型、展示用模型など精巧にできた品々で思わずジーっと顔を近づけて見入ってしまいました。ご案内されているようにまさに模型というより縮尺建築物という表現がピッタリです。製作道具・機具も大工さん用の縮尺版です。京仏壇京仏具にも共通しますがひとつひとつの熟練した手作業と高い技術があってこその作品であると感じます。お仏壇はお寺・本堂をイメージした実用品として作りますので今回のような精密模型というわけにはいきませんが制作上の共通点は多いのではないかと思います。
大変勉強になるひとときを過ごせました。さんけいの皆様ありがとうございました。写真はそのとき拝見した「空間演出模型 源氏物語」です(本店 田中良幸)

最近のニュースの中にエレベーターの不具合で、エレベーターに
閉じ込められたりとか扉は開いているのに、エレベーターが上に
上がっていってしまうという事故の話題がありました。
日常的に階段を上がるのはしんどいので、ついついエレベーターを
使ってしまいますが、このニュースが出てからは少し不安なので、
なるべく階段を利用しようとしてしまいます。エレベーターは運転を
続けていくことを目的としているはずですが、エレベーター製作の会社と
保守の会社が違っているために、会社間のやりとりがあまりなく、
このような事故が多発するのであれば本当に問題だなと思います。
普段お仏壇を販売させていただいて、たまにお仏壇の洗い(ご修復)の
お話が出る事があります。お預かりするお仏壇は小堀でご購入いただいた
ものではないものもありますが、昔からご安置して、お参りしているお仏壇を
そのままきれいにできれば一番いいことだと思います。エレベーターの話題を
聞いて、昔からの物を修復できて、また大事にするという
お仏壇やお仏具はとてもすばらしいものだと改めて思いました。

本店 お客様係 亀谷

 先日、レストランに予約の電話を入れた時のことです。
電話に出られた女性の方が、お店とご自身のお名前をおっしゃられたのです。お店の名前だけ、はっきり聞こえたので、そのまま予約の話を進めました。予約が完了したので、電話を切る前に、「失礼ですが、もう一度貴女のお名前を教えて頂けませんか?」と尋ねると、「特に担当者はおりませんので、当日来ていただいたら判ります。」との返事でお名前は教えてもらえませんでした。
 ちょっと不安でしたが、多分大丈夫だろうと思って電話を切りました。
でも、当日そのお店に行くまで、心配でした。
 当社では、電話を受けた時に「有難うございます。京仏具の小堀○○でございます。」と申しますが、わかりにくいのか、もう一度名前を聞かれる事があり、最後に「ご用件を承りましたのは、吉村でございます。」と言う様にしています。また、ご来店頂いた方にも、名前を申したり名刺をお渡ししたりしています。
 もし、名乗らなかったら遠慮なくお申し付け下さい。皆様のお電話やご来店をお待ちしています。
本店お客様係 吉村康子

060609盆提灯

お店に盆提灯を展示する時期になりました。毎年関東盆の1ヶ月前を目安としております。提灯についてはご宗派や地域によって様々な特徴がありますが、ご先祖を供養したいというお気持ちは一緒なのだと思います。私も実家でお盆の前に組立てましたが、一年ぶりだと組立て方を忘れてしまい祖母と苦労した覚えがあります。お店での様子を見ていると人気があるのは置き式の提灯だと思いますが、ここ数年〔創作提灯〕という新しいデザインの提灯も展示していますので、ご覧いただければと思います。
本店お客様係 久保田

 店内の真鍮製のお仏具をお磨きすることも私の仕事の一つです。
 真鍮製のお仏具は半年ほどすればたいがい変色してしまうので、時々お磨きする必要があります。お磨きをすると、卵の黄身のような色で鈍い光しか放たなかった具足が、新品同然に明るい光を反射するようになります。大きさが大きかったり彫が深く入っていたりすると手間がかかってしまいますが、輝きを増したお仏具をお飾りできるとお磨きした苦労が報われた気がします。

本店お客様係 吉田

先日、年に1回の健康診断を受けに病院へ行ってきました。
日ごろ京都店でお客様にお仏壇仏具のご案内をさせて頂く
事が多いのですが、これに限らず物事をきちんと成すには
知識も勿論ですが先ず健康が第一だと思います。
幸い「医者要らず」で健康に過ごすことができ、検診を受け
に病院へ行くことは問題無いのですが、そこに大きな悩みが…。
実は「バリウムが飲めない…」。去年も散々たる様子だったの
ですが、今年もまた大失敗を繰り返し文字通り「泣きながら」
飲む羽目に…それもいい歳のオッサンが…。
 看護婦さんも最初は普通でしたが、私の目に余る様子を見て
「はぁ〜い、いいよ〜」って思いっきり子供相手の口調になり、
この私をあやしてくれました。おかげ様で多少は楽に検診を
済ますことが出来たように思います。
 無事に検診も終了して帰り際に考えていたのですが、一番辛い
検査場所のせいか「相手の気持ちを和らげる」ことができる
看護婦さんがいて下ってとても助かりました。
 私も日ごろの販売業務の中で、少しでもお客様の悩みを和らげ
るお手伝いが出来れば…と思い、今回の検診もいい勉強にもなり
ました。

本店 大八木

基本的なお仏具(お花立、お鈴など)の他にも思いもよらず便利なお品物があります。
以前の投稿に「洗える香炉灰」がありましたが、
これまでで一番驚いた商品は、「灰ふるい器」でした。
縦長の缶状などで、中に網がついており、
お焼香やお線香を燃やした後の灰をふるって燃えかすをとりのぞくものです。
お問い合わせをいただいた際には、耳にしたことのない商品でしたので戸惑いましたが、
後日無事にお納めすることが出来ました。
「きっとないだろう」という先入観は禁物だと心に残っている一件です。
他にもちょっと便利な商品がいろいろとございます。
お探しのものがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

総合サービス係 前野

切子 東
切子 西

ゴールデンウィークも無事終わり疲れた身体もリフレッシュ、とうまくいかなった方も少なくないのではないでしょうか。過密スケジュールで動かれた方には春から夏への準備期間が無くなり体調管理がむずかしい時期になりました。
会社では冷暖房の切り替えや衣替えの準備中。仏壇仏具業界ではお盆セールへの準備中。お仏具は季節ごとの商品入れ替えはそう多くはありませんがその中でも季節を感じる商品といえば盆提灯です。もうすぐ店内でご案内いたします。忘れてはならない真宗独特の切籠灯籠(きりことうろう)もご案内しています。真宗の方は是非この灯籠をおかざりして下さい。
(本店 田中良幸)

洗える香炉灰というものが、お店においてあります。香炉灰は皆さんがご存知のものだと思います。でも、「洗える」と付くと聞きなれないものではありませんか?
私自身も初めて聞いたとき、「香炉灰が洗える?」と驚きました。
実物は従来の香炉灰と見た目も違います。色は、金色と銀色。金色のものは見た目が、砂金のような感じです。重さも少し重く感じます。
一番の特徴は名前の通り、洗えること!!洗えるので、長時間お使いいただけます。
新鮮さを感じるユニークな商品です。

本店店頭 長谷

060502 ゴールデンウイークには。左の写真は本日の東本願寺様です。会社前から撮ったのですが、
桜の時期の風景は以前に写真がでていたと思いますが、大分緑が濃くなって
夏にむけての風景になってきました。冬は街路樹の葉っぱがなくなるので、
御本山がよく見えるのですが、烏丸通をはさんでいるため、春は桜、夏は若葉に
隠れてしまいます。
ところで今年のゴールデンウイークは、最長9日、平均で6日あるそうです。
朝、出社時に京都駅を通るのですが、市バスの乗り場のところに長蛇の列が
出来ているとき、京都は観光都市だなと改めて思います。
今年は長いゴールデンウイークだと思いますが、もし京都に観光に来られて
お時間があれば、京都駅から北に10分あがっていただけば東本願寺様です。
お参りの後に小堀にもご来店くださいませ。

本店お客様係 亀谷

小堀に入社して8年目になろうとしています。世間一般的に言われるようにあっという間だった気がします。私は入社してからずっと店頭での勤務でした。店頭に配属されたばかりの方の様子を見ていると、懐かしくもあり新鮮な気持ちにもなります。
入社当時、仏具の名称・用途・素材など色々教えていただきながら自分のカタログに書き込んでいました。でも最近は仏具に対しての勉強を怠っていたように思えます。
先日お客様からお問い合せをいただ際に、すぐにご返答が出来ずお調べして後日ご連絡いたしました。久しぶりに色々調べてみて、仏具を製作する際の奥深さを改めて実感しました。その奥深さをどうやってお客様にお伝えするか、まだまだ課題がたくさんです。
本店お客様係 久保田

 初めまして、先月から京都店・店頭に配属になりました吉田です。
 接客を初めてさせていただく私としては慣れないことばかりで大変です。お仏壇やそのお道具についてそれなりの知識を持っているつもりですが、いざお客様の前に出ると、緊張してなかなか言葉が出てこないこともあります。それでも周りの方々に助けてもらいながら、お客様にご迷惑をかけないように頑張っていきたいと思います。

本店お客様係 吉田

060406桜
写真は、今朝出勤前に本店前の烏丸通の桜を写したものです。
2、3日暖かかったので、急に咲きそろいました。
只今 真っ盛りといった感じです。
本店の近くの渉成園(枳穀邸)も、京都駅の近くにもかかわらず
静寂な雰囲気を味わえると、TVで紹介されていたのを見ました。桜もきれいですよ。
本店では、只今 第2回春のイベント「新商品の体験が面白い」を
開催中です。是非 体験しに来て下さい。
お待ちしております。
本店お客様係 吉村

京仏具蠑堀 京都本店で行われます恒例の「春のイベント」は
本日(4月1日)幕開けです。
当店の2・3階特設会場におきまして、新しいお灯明や読めなく
なった古文書の復元、地震や火事への備えなどお寺の本堂や一般
住宅にもご利用いただける様々なサービスのご提案をはじめ、数
々の新製品などもご案内いたしております。
なかでもお手軽な正座用らくらくクッション「座々丸(ざざまる)」
はかなりの評判です。ぜひこの機会にお試しいただくのもよろしい
かと思います。
イベント開催初日から大勢のお客様にご来場いただきまして、店内
はとても賑わっております。
東本願寺様の「春の法要」にご参拝の折には、ぜひ当社へもご来
場下さいませ。お待ちいたしております。

本店お客様係 大八木

5
060331ふたり乗りその名は、マンドリン・ベースデュオ「ふたり乗りです。
某ご寺院様のお嬢様だそうです。 by matsuda続きを読む

5
matsuda'ozushi会社からのお言葉に甘えてお厨子がわが部屋にやってくることに・・・・。
嬉しい事にお陰様で、ようやくMyRoonにお厨子の梱包を解く時がやってきました。落ち着く場所が決まるまで長らく掛かりましたが、落ち着き場所が今日決まりました。
MyRoonは、とりあへずこの状態でしばらく安置です。しきたりなどは充分承知の上ですが、まだまだ宗派の決まりごとに沿ってその通りに荘厳が出来ません。形から入るよりも私の場合、気持ちからお厨子のある生活を始めることにしました。早々に気持ちを込めて合掌です。ナムアミダブツ・ナムアミダブ・・・。matsuda続きを読む

先日、お役立ちハガキ(仏事百科)を今までに、オファー資料をご請求いただいた方に、送らせていただきました。それをみてカタログを見たいと、おっしゃってくださる方もいて、見ていただけたのだと、大変うれしく思っています。
お仏壇、お仏具はカタログだけを見ていただくより、実際に手にとって見ていただいたほうが、わかりやすいと思います。これをきっかけにご来店していただければうれしく思います。

本店 長谷

060316ギャラリー圓夢

高台寺掌美術館に併設された「ギャラリー圓夢」さまの「灯り展」に当社商品のLED(発光ダイオード)シリーズ「あかり」「あんどん」「風神雷神」「京の響」「京のあかり」を出品いたします。
http://www.kodaiji.com/nene/enmu.html
「京都・東山花灯路−2006」事業に合わせた企画展です。
京の工芸品をイメージしており、伝統と先端技術を併せもつ興味深い商品で暖かみのある風合いに仕上がっています。光と音でもお楽しみいただけますので是非ご覧下さいませ。予約販売のものもございますので詳しくはお問い合わせ下さい。よろしくお願いします (田中良幸)

今朝出勤前のテレビで、「今日はサンキューの日です。3と9でサンキュー」と言われていました。
考えてみると、「ありがとう」という言葉は言われた方も言う方もうれしい言葉だと思います。
単なる語呂合わせの記念日かもしれませんが、今日はいつもよりもたくさん「ありがとう」を伝えられるようにしたいと思います
ちなみに弊社のロゴマークには、灯(ともしび)のマークの上に、「感謝の礼拝 平和な家族」とあります。
日頃から感謝の気持ちを持って日々を過ごしていけたらなと思います。

本店 お客様係 亀谷

25日、北野天満宮の梅花祭に行ってきました。梅花祭には何度か行っていますが、今年は土曜日で大変な賑わいでした。梅はまだそこそこで残念でしたが、天神さんで色々なお店が出ていて楽しかったです。去年は希望に合わせて調合してくれる七味を購入し、その香りの豊かさに驚きました。今年はちりめんを使用したサンダルを購入しました。お店が立ち並ぶ独特の雰囲気が好きで、京都らしさを感じた一日でした。
本店お客様係 久保田

 第2回目の京都検定の結果発表が、今月初めにあり、1級の問題が難しくて合格率が4.5%だったとか、今秋には、ジュニア京都検定が行われるとか、京都に関する事がよくニュースになります。
 京都に住んでいても、ニュース等で紹介されると「こんな事、知らんかったわぁ」という事がよくあります。
本当に、京都の伝統の技や行事などは、奥深いものだと思います。
先日 京都市が「京の匠の技にほれ込んだ人、集まれ」と「京もの」のファンクラブを設立するという新聞記事を見ました。ファンクラブをきっかけに、京都の『本物』の神髄を全国の人に知ってもらいたいのだそうです。連綿と受け継がれてきた伝統の技や行事・・・一旦、途切れると復活させるのはなかなか大変だと聞いています。これからも途切れる事無く続いていって欲しいし、もっともっと理解して大好きになりたいと思います。 
本店お客様係 吉村
 

去る2月10日(金)より12日(日)の3日間、京都岡崎の「みやこめっせ」にて
「第41回 京仏壇京仏具展」が行われました。
この展示会は京都の仏壇仏具店が各店自慢の京仏壇等を展示即売したり、日ごろ仏壇
仏具の製作に携わる職人による実演や作品の披露が行われたりと、伝統工芸を身近に
感じられる内容になっております。
私自身もご来場のお客様に伝統工芸の素晴らしさや京仏壇の良さをほんの少しでも
実感して頂ければと思いながら、この展示会の準備にかからせて頂きました。とはいえ
出展品目がかなりの量になりますので、社内外の皆さんにも応援頂きました。
配送加工課や商品部の皆さんも本当に前向きにお手伝い下さって、非常にスムーズかつ
安全な準備作業ができました。また展示会開催日に見学に来て下さった社内の方々も
皆さん熱心に会場を散策されてました。
この先も当社の関係する展示会やイベントがいくつか開催されますが、人が集まって
こそ新たな発見があると思い、「のぞきやすい小堀のブース」創りにと心がけています。

本店お客様係 大八木

私は運動を全くしていないことに気付いてはいるのですが実行に移せません。「時間がない」等の理由で自分に言い訳をしている頃はまだマシだった様に思います。最近は運動をすること自体への意識が全く欠落していました。しかし私の周りの方はジムに通ったり、走ったり、歩いたり等の運動をしている人が結構多いのに気付きました。自分の健康を維持するために意識をされている様です。私も皆さんを見習って今年は自分に合って続けられる運動を「取りあえずは見つける」ことを目標にしようと考えています。

本店:山本 

インテックス2006.1

中小企業総合展に出展しました。大きな開場に驚きもありましたがたくさんの方々に当ブースにお立ち寄りいただきありがとうございました。今回は新型仏壇や天平厨子、あかりやHiBiKiを出展いたしましたがその反応が楽しみです。
お隣のイーダブルシステム様と仲西工務店様、お向かいのサンコー企画様とキミドリ建築様、皆様大変お世話になりました。またそれぞれの分野で頑張っていきましょう! 田中良幸

入社して数ヶ月・・・、その前はお買い物をする側にいました。現在、知識を溜め込んでいる最中です。日々、驚き・苦心をしながら仕事に励んでいます。入社して一番、驚いたのは、お仏壇・お仏具には寸法があるということです。最近、慣れてきましたがまだまだ、手間取っています。
初めて、打敷のお買い求めの接客をさせていただいた時も、手間取ってしまいました。とはいえ、ぴったりサイズを買っていただくのはやっぱり難しいです。お買い求めの際、お手持ちの前卓を計っていただくか、実際に打敷を持ってきていただけると、とてもうれしく思います。お買い物もスムーズに済ませていただくことが出来ると思います。
もっと勉強して、お客さんのニーズに合わせた接客:本店が出来るように頑張っていきたいと思います。
本店  長谷

060114店内ご案内その1<デザイン仏壇
京都本店にデザイン仏壇(家具調仏壇)を増やそうという事で、
少し前からですが、品揃えを多くしています。
最近は、マンションに合うお仏壇をお求めにご来店いただくことも多く、
フローリングや洋室に置いてもいいようなお仏壇を中心に、床から置くものや
何か台の上にお仏壇を置く小型のものまで何点か取り揃えさせていただいております。
まず、お店に入って頂いて、御念珠・お線香のコーナーを過ぎましたら、
中央のガラスケースをはさんで左右にございます。
ちなみに写真の真ん中のお仏壇が私の一番お気に入りです。小さくて、ライトが当たると
御本尊様がとてもきれいに見ていただけます
是非一度ご来店いただき、ご覧くださいませ。
本店 店頭 亀谷

060107 掛香毎年、大晦日・お正月は実家で過ごします。今年も大晦日の年越しそば、お正月のおせち料理・おしること味わってきました。年越しというといつも食べ物ばかりに気をとられていました。しかし「季節」を感じる行事を大切にしようと考え、実家に帰省する前に新年を祝う紅白の色合いと中に匂い袋(お香)が入っている点が気に入り、お店で「掛香」をお土産として購入しました。実家は雪が多く降る地域のため、玄関に松など飾ることが出来ません。その代わりとして「掛香」がお正月のお客様をお迎えしました。家族も喜んでくれたので、お土産としては成功です。
雪といえば実家を含め大変ことになっています。例年ですとお正月明けに屋根の雪下ろしをします。しかしこの冬はすでに年末に行い、今週末もう一度するとの事。実家の家族だけでは無理なので、父の職場の方にもお手伝いをお願いしたそうです。本当にありがたいことです。これ以上被害が増えないよう祈ります。
本店お客様係 久保田

↑このページのトップヘ